新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「マッコウクジラ」はこちら >>

脊椎動物門哺乳綱鯨目歯鯨亜目マッコウクジラ科

マッコウクジラ

魚貝の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

学名 Physeter macrocephalus
外国名 英名/Sperm whale
同科同属 その他生き物目次
漢字・由来 漢字/抹香鯨、真甲鯨
由来・語源/
■抹香というのは現在では焼香などのときに使う香のこと。抹香臭いなどといわれるもの。マッコウクジラから香料がとれたので、という意味合いか?
■頭の皮が甲のように硬いから。
地方名・市場名

形態 11メートル~18メートルになる。歯クジラ類中最大種。低い背鰭があり、全身が黒い。
生息域 世界中の海に生息。
生態 成熟した雄は単独か数頭の群れで南北の寒冷海域で生活。
交尾期に暖流、熱帯域にもどる。
雌は数十頭の育児集団を作る。
水深3000メートルにもぐる能力を持ち、大型のイカなどを食べている。
深海のダイオウイカの吸盤跡がよく身体に残っている。
一般的評価 2009年現在、関東ではまったくなじみがない。
関西では比較的スーパーなどにも煎皮、ころ(コロ 煎り皮)をもどしたものが見られる。
水産基本情報 市場での評価/マッコウクジラの煎皮、ころなどは関西では普通に見かける。関東ではほとんどみない。筋肉部分のことは調べているところ。
漁法/捕鯨
主な産地/
雑学 ■現在(2009年)、調査捕鯨の対象は主にミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、マッコウクジラ。
■大量の鯨油がとれる。鯨油をとった残りが煎皮。
■腸のなかから見つかる脂肪様固形物は乾燥するとチョコレート色の蝋(ろう)質となり、貴重な香料となる。これを竜涎香という。
選び方
味わい・栄養 味の評価/★★★=美味
ころとしての味わいは、もどして煮て食べるもので、食感は柔らかく、微かにクジラらしい臭いを感じる。
また本来脂のかたまりであったために、脂の持つまったりした微かな甘みが感じられる。
調理法 (煎皮)/煮物、おでん
食べ方 煎皮は本来水でもどして料理する。
大阪では単純に煮る、もしくは関東だき(おでん)の具材となる。
水でもどすのはなかなか面倒だが、もどしたものも売られており、こちらの方が簡単だ。
昆布をきかせた、鰹節だしで酒と塩、薄口醤油でことこととたくおでんに入れると非常に美味。
関西おでんになくてはならない素材であることがわかる。


好んで食べる地域 大阪府
加工品・名産品 煎皮
釣り
参考文献 財団法人日本鯨類研究所、『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)、『日本の哺乳類』(小宮輝之 学研)



関連コンテンツ