新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ナメクジウオ」はこちら >>
●参考文献/『原色日本海岸動物図鑑』(内海富士夫 保育社)、『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)、『比較動物学 アメーバからヒトまで』(M.フィンガーマン 培風館)、広辞苑
●広島県倉橋島 日美丸さんから
■市場魚貝類図鑑データベースから
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
形態◆頭と尾の区別がつかない。口はあるが顎はなく白く左右に薄い。
脊索動物門頭索動物亜門頭索綱
ナメクジウオ
Branchiostoma belcheri Gray
他の脊索動物の仲間へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆食用ではない
大きさ◆体長5センチ前後。
生息域◆本州中部以南。中国、フィリピン、インド、ミナミアフリカ。
生態◆
雌雄異体。
水深5~20メートルの砂礫底に生息。
夜行性。
微少な有機物や海藻をエサとしている。
幼生生殖する。すなわち幼生の状態で成熟する。
幼形生殖(ネオテニー)だと考えられる。進化を生む一要因。ホヤなど原始的な脊索動物から魚類などへの進化の原因。
市場での評価・取り扱われ方◆食用ではない。
ナメクジウオの基本◆
愛知県蒲郡、広島県尾道などで天然記念物に指定。
■環境悪化で激減、環境の指標となる。
■魚類ではない。
漁獲方法◆無し
漢字◆「蛞蝓魚」。
由来◆■ナメクジに似た魚の意味。
呼び名・方言◆中国で「文昌魚」。



関連コンテンツ