新コンテンツはこちら
翼形亜綱ミノガイ目ミノガイ科 オオハネガイ
Acesta (Acesta) goliath (Sowerby,1883)
他のミノガイ目の二枚貝へはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名・方言のページ
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★
■食用とはしない。むしろ貝のコレクターに人気
焼く
 北海道南部から相模湾、富山湾までの100メートルから1400メートルの深海に棲息。写真のものは上越市の片岡さんにいただいたもので、105ミリの殻長がある大型のものである。「羽根貝」と言うからには翼の形をしているのであろうか? とどこを見ても羽根には見えない。そこで横から見るとちょうどイカロスの翼に見えるではないか。と勝手に得心、下の写真を見て納得? していただきたい。
■殻を開けるとホタテのように大きな貝柱がある。これをバターで焼いて食べてみた。ワタの部分は取り除いて柱だけを食べた感じでは、ホタテなどと同様に食べられる。



関連コンテンツ