新コンテンツはこちら
◆食べてみる◆
 ホタテガイなどにときどき付着している。ゆでると軟体がぽろりととれるが、非常に小さい。ただしナミマガシワ同様味はいい。
参考/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
■と無印は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■貝毒など危険性は皆無ではない。食べるときには自己責任で。
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
褐色の縞文様が出ることがある。左の殻はナミマガシワよりも膨らむように思える。
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目ナミマガシワ科
シマナミマガシワモドキ
Anomia macroschisma (Deshayes,1861)
他のカキの仲間へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆ゆでる
○美味(味はいいのだけど可食部分が小さすぎる)
市場での評価・取り扱われ方◆貝殻などに付着して市場にくる。普通は見向きもされない。ナミマガシワよりも少ない。
シマナミマガシワモドキの基本◆
■食用としているところはほとんどないと思われる。
生息域◆北海道から九州、中国。
生態◆
300メートル以浅の砂礫地。
貝などに付着。
大きさ◆殻長3.5センチ前後。
漁獲方法◆■貝から外す
漢字◆「縞波間柏擬」。
由来◆■縞のあるナミマガシワモドキ。
呼び名・方言◆調べているところ。



関連コンテンツ