新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「エゾキンチャクガイ」はこちら >>
軟体動物門二枚貝綱カキ目イタヤガイ亜目イタヤガイ科
エゾキンチャクガイ
Swiftopecten swiftii
イタヤガイの他の仲間へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・話題◆市場などに来ることは稀なもの。産地で消費される
生息域◆東北以北の太平洋側と日本海北部。
生態◆10~20メートルの浅い砂地に棲息。
大きさ◆殻長15センチを超えるものもある。
漢字◆「蝦夷巾着貝」。
由来◆イタヤガイ科のキンチャクガイに似て北方に産する
呼び名・方言◆北海道函館で「母貝(ははがい)」、根室で「婆の手(ばばのて)」。
 千葉県の、どんぐりつうしん変集長・谷口さんから、函館では「はは貝」と呼ばれていると情報をいただいた。函館朝市で売っていた方から「お母さんの手みたくごつごつしているから」ということで「母貝」というとのこと。これが根室に行くと「婆の手」というのと対比して面白い。
食べ方◆刺身/ムニエル(バター焼き)/煮る(ゆでる)

 主にホタテガイなどに混ざってとれるもの。量的には少なく、あまり市場でも見かけない。たぶん北海道などでほとんど消費されているのではないかと想像する。

◆食べてみる◆
 
貝殻は厚くて、長さ10センチほど、持ち重りする。ホタテどうよう貝柱は大きく、まずこれを刺身にする。これは甘みが強くて非常に美味。ヒモやワタもうまい。
 ムニエルは貝殻から外して砂などを洗い流し、粉をつけてフライパンで焼く。これを適当に切り、フライパンにバターを加えてこびりついた旨味を溶かしだして上からかける。ムニエルはホタテガイなどイタヤガイ科に向いた料理法で、とてもうまい。
 他には「焼く」、「煮る(ゆでる)」などもいい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●北海道根室産
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
2月、貝柱は厚く、身に甘味がある。旬は冬季なのかもしれない。これに関しては課題とする。
上は刺身。ヒモもワタも非常にうまい。
左はムニエル。二枚貝のイタヤガイ科ではもっとも相性のいい料理法



関連コンテンツ