新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「タコブネ」はこちら >>
軟体動物門頭足綱八腕目カイダコ科
タコブネ
Argonauta hians (Lightfoot,1786)
他のタコの仲間にはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆食用としている地域もあるが食べていない
市場での評価・取り扱われ方◆一般に食用ではない。
生息域◆太平洋、日本海の表層を漂う。
生態◆雌(めす)は特種化した第1腕から分泌する物質で殻を作り、卵を保育(守る)する。雌は大きく殻を作るが、雄(おす)は小さくて貝殻を作らず、非常に小さい。
漁獲方法◆定置網などに紛れ込む
大きさ◆雌は7~8センチ前後になる。雄はその20分の1ほど。
漢字◆「蛸舟」。「舟蛸(ふねだこ)」。
由来◆貝殻を舟に例えて。
呼び名・方言◆青森県陸奥湾では「かいだこ」。
「舟蛸(ふねだこ)」とも呼ばれる。


 似たものに同じように海流に浮かんでいるのにアオイガイ(カイダコ)がいる。アオイガイの方が大きく、波状の畝が細かい。こちらは青森県ではときに食用としたというが、本種に関しては不明。
同定/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
参考/『軟体動物学概説 上巻』(波部忠重、奥谷喬司、西脇三郎他 サイエンティスト社)、『広辞苑』
●鹿児島県南さつま市 伊東正英さんから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ