新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハシナガニシ」はこちら >>

軟体動物門腹足綱新腹足目イトマキボラ科Fusinus属

ハシナガニシ

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Fusinus longicaudus (Lamarck,1816)
外国名
同科同属 他のイトマキボラ科の貝にはここから!
漢字・由来 漢字/嘴長螺
由来・語源/水管を嘴に例えて。
地方名・市場名

形態 高さ18センチ前後になる。螺肋(横筋)が全体にはっきりして多く、縦肋(縦筋)は上の層にだけあり下の層にはない。水管が長い。画像は徳島中央卸売市場で求める
生息域 駿河湾、山口県以南。熱帯太平洋。
生態
一般的評価 今のところ、販売されているのを見ていない。
水産基本情報 市場での評価/流通しているものを見ていない。
漁法/底曳網
主な産地/
雑学
選び方 原則的に生きているもの。
味わい・栄養 味の評価/★★★=美味
旬は不明
ワタは苦みやえぐみがある。
足(筋肉)は生で食べると甘みがあり美味。
調理法 刺身
食べ方 ワタは苦いので注意。
生で食べると非常に歩留まりが悪いが、強い旨みと貝の風味、微かな苦みがあって非常にうまい。
ワタを取り去り、ぬめりを取り、適宜に切る。

好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献 『貝』(波部忠重、奥谷喬司 学習研究社)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)



関連コンテンツ