新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「コシダカガンガラ」はこちら >>
腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ科 コシダカガンガラ
Omphalius rusticus
他のニシキウズガイ科の貝へはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名・方言のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
●市場などで流通することはほとんどない
茹で貝/煮貝
 北海道から九州までの潮間帯にはありきたりな巻貝である。地方によっては「にーな」「たま」などと呼ばれて親しまれている。
 この磯ものと呼ばれる巻貝でもクボガイ、ヘソアキクボガイ、クマノコガイ、本種などは非常に見分けるのが難しい。
【見分け方】表側に縦肋が盛り上がり黒く模様になっている。裏返すとヘソ穴が開いている。裏側に輪を作る隆起した縞(螺肋)がなく平たんで渦巻き状に内側に向かう模様がある。
■塩茹で、煮貝にする。くるくると抜きとったワタの苦味はほとんどない。
●神奈川県三浦半島西岸



関連コンテンツ