新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「セイヨウトコブシ」はこちら >>
形態◆トコブシに似ていて螺肋(筋)が強い。(画像は2倍に拡大)
ミミガイ科(Haliotidae)について◆
国内に11種。
代表的な食用貝にクロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビ、トコブシ、マアナゴウなどがある。
水産上重要なものが多い。
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目
ミミガイ科
セイヨウトコブシ
Haliotis unilateralis
他のミミガイ科の貝にはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆煮つけ(酒蒸し)/バター焼き
◎非常に美味
大きさ◆殻長5センチ前後
生息域◆大西洋東岸から地中海。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆
■煮貝など加工品として見かける。値段は高め。
セイヨウトコブシの基本◆
■最近では料理店などで定番化している。
漁獲方法◆調べているところ。
漢字◆「西洋常節」、「西洋床伏」。
由来◆海外からのトコブシの意味。
「とこぶし」について◆「西
呼び名・方言◆
■市場では輸出国名の「セネガル」。
■単に「トコブシ」。
◆食べてみる◆
 国産のトコブシ同様味がいい。
 適度に軟らかく煮貝として美味。
●『世界海産貝類コレクション大図鑑』(菱田嘉一 電気書院)

■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ