新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アマオブネガイ」はこちら >>
アマオブネ目アマオブネ科 アマオブネ
Nerita albicilla
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
アマオブネガイ(アマオブネガイ目アマオブネガイ科)
Nerita albicilla
塩茹で/みそ汁
 房総半島以南に棲息。本種のアマオブネガイ目のなかではもっとも北に分布するもの。外房や三浦半島などでの磯遊びでの「磯玉」のひとつ。アマオブネというのは「海士小船」のこと、磯をたどる小舟に見立てた風雅な名前である。
■塩茹ででも、みそ汁でもなかなかうまい貝である。思ったよりも身が大きい。
●千葉県外房にて採取

アマガイ(アマオブネガイ目アマオブネガイ科)
Nerita japonica
塩茹で/みそ汁
 本州以南の穏やかな内湾の磯に棲息。関東の磯遊びでは三浦半島に多く、千葉県外房ではなぜかほとんど見る事がない。目立たない貝であり、磯にスガイなどとともに無数にあるのにも関わらず利用されているとも思えない。
■塩茹でにしたり、みそ汁で食べられる。ただしほとんど食用として取られることは内模様。
●三浦半島西岸



関連コンテンツ