新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「カワニナ」はこちら >>
盤足目カワニナ科 カワニナ
Semisulcospina libertina (Gould)
その他のカワニナ科の貝へはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名・方言のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■少ないが食用とする地域もある
 北海道から九州までの淡水に棲息している。比較的流れのある川にもいて、どちらかというときれいな環境を好むようだ。
 川に行くと必ず地元の方に本種のことを尋ねることにしているが、どこでも減少に向かっているようである。また初夏の風物詩、ゲンジボタルの重要なエサでもある。
『日本産淡水貝類図鑑 1琵琶湖・淀川産の淡水貝類』にカワニナは各地で食用とされてきた、とある。ただ郷里の徳島県吉野川水系でもカワニナは大量に棲息していたと思うが、「タニシ=食用」ということはあったが、カワニナを食べると言うのは知らない。
 カワニナを食べると言うことでは広島県庄原市、福岡県大牟田市、五島列島岐宿町などで実際に食べていたという情報が寄せられています。
 また秋田県雄勝郡羽後町、佐藤順さんからは「生から煎じて(煮出して)飲む」と血糖値が下がるというので薬として利用されていたという。また同県では他に湯沢市でも民間薬とされているらしい。
 秋田県雄勝郡羽後町では「うらつぶ」と呼ばれていたという。
●実際に現在でも食用としている、もしくはしていたという記憶のある方は是非メールで知らせて欲しい。



関連コンテンツ