新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「テリエビス」はこちら >>
キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属 テリエビス Sargocentron ittodai(Jordan and Fowler)
他のキンメダイ目の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■市場などで流通することはない

生息域◆南日本からサンゴ礁の熱帯域。
大きさ◆ 30センチほどになる。
漢字◆「照恵比寿」。
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆ 刺身/塩焼き/鍋物(煮つけ)

 暖かい海に生息する岩礁域の小魚、といった物だろうか? 小形ゆえにあまり利用されず、むしろダイビングなどで人気があるようだ。
■小魚である上に、このイットウダイ科の特徴はウロコがすさまじく硬いことである。まるでヨロイをつけているよう。これをむりやり包丁で三枚におろし、中を見ると透明感のある白身が出てくる。ほどほどに繊維質であり良質の身は刺身で、煮付けで上々のもの。
●三重県尾鷲市の岩田昭人(「一日一魚」の制作者)さんから



関連コンテンツ