新コンテンツはこちら
頭部はソコハリゴチと比べると長い(面長だ)。非常に体高が低く薄ぺったい。身体が硬い鎧状の鱗でおおわれ、無数の鋭い棘がある。
ハリゴチ科について◆
インド~太平洋海域に10種、国内に5種。
食用種はいない。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目コチ亜目
ハリゴチ科ハリゴチ属
ナツハリゴチ
Hoplichthys langsdorfii Cuvier
●ハリゴチ科の他の魚へはここから
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆唐揚げ
△食べるところがほとんどない
大きさ◆20センチ前後になる
生息域◆南日、東シナ海。
生態◆深海性。
市場での評価・取り扱われ方◆入荷してきたことはないと思う。
ソコハリゴチナツハリゴチの基本◆
■底曳網で揚がる。
漁獲方法◆底曳網
漢字◆「夏針鯒(?)」。
由来◆針だらけのコチの意味。「なつ」は調べているところ。
呼び名・方言◆調べているところ。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 棘がするどく卸すのが大変。
 唐揚げにすると美味。
●写真のものは島根県大田市和江漁港 底曳網
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『魚の分類の図鑑』上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ