新コンテンツはこちら

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科ユメカサゴ属

ニセオキカサゴ(niseokikasago)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

ニセオキカサゴ画像

学名 Helicolenus fedorovi Barsukov
外国名 英名/Scorpionfish,Rockfish,Sea perch
同科同属 他のユメカサゴ属へはここから!
漢字・由来 漢字/偽沖笠子、偽沖瘡子
由来・語源/オキカサゴに似ているが別種の魚の意味合い。「おきかさご」は遠洋でとれるカサゴの意味。
代表的な呼び名 カサゴ
地方名・市場名

福岡県からはオキカブ(沖かぶ)。

形態 体長27センチ前後になる。浮き袋がない。赤く側扁(左右に平たい)する。体側背の部分に不定形の赤い斑文がある。


上あごの先端に歯塊(歯が飛び出している)がない。
生息域 海水魚。欽明海山、沖縄舟状海盆。水深350メートル~650メートル。
生態
基本情報 ほとんどが東シナ海などでとれ、長崎、福岡、鹿児島で水揚げされている。
福岡県などからは「沖カブ」などとして入荷してくるが、関東では単にカサゴとされている。
鮮魚として流通することが多く、関東のスーパーなどでも見かけることがある。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★★ 重要性は平凡
市場での評価/しばしばまとまって入荷してくる。値段はやや高値で、人気が高い。
漁法/底曳き網
主な産地/福岡県、長崎県、鹿児島県
ノート
選び方 丸みのあるもので触って張りのあるもの。赤味の強いもの。鰓が赤いもの。
味わい・栄養 旬は不明。
鱗は柔らかく、皮はしっかりしている。
白身で、鮮度がよいと透明感がある。
身離れがよく、ほどよく繊維質で身崩れしない。
いいだしが出る。
切り身、下ろした状態の図鑑
すしネタ
調理法 煮つけ、汁(潮汁、鍋)、塩焼き
食べ方 ニセオキカサゴ煮つけ

煮つけ◆上品な白身で皮に旨みがたっぷりとある。またいいだしが出る。身離れのよいほどよく繊維質である身はしっとりと甘みがある。薄味に野菜などと煮ても、こってり甘辛く煮てもよい。
汁◆塩仕立て、みそ仕立てなどの汁ものにしてうまい。野菜などと鍋にしてもよい。



塩焼き◆皮が香ばしく、独特の風味が出る。身の方はしっとりと甘みが強い。非常にうまい塩焼きになる。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)



関連コンテンツ