新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アカモク」はこちら >>
褐藻類ヒバマタ目ホンダワラ科 アカモク/ぎんばそう Sargassum horneri
海藻の目次へ

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
■日本海などでの比較的ローカルなもの
●漢字「赤藻屑」。「銀葉草(ぎんばそう)」、「神馬草(じんばそう)」
茹でる
 日本海、大平洋沿岸。冬から春に日本海側の市場にいくとよく見かけるのが、このホンダワラである。「神馬草(じんばそう)」「銀葉草(ぎんばそう)」、また「ぎばさ」「ぎばそ」などと呼び名は変化するものの、同じ海藻である。
■刻んで湯通してしょうゆなどをかけて食べるのがいちばんうまい。ワカメの「めかぶ」も同様な食べ方をするが、こりらはしゃきしゃきと素晴らしい食感がある。そのままみそ汁にいれてもいい。
●新潟県上越市、片岡鮮魚店



関連コンテンツ