新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トビウオ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 トビウオは脂が少なく、刺身にして魚本来の味が楽しめる。わさびより、しょうが、ねぎが合う。
 刺身ではなく、「なめろう」にするのが万人向けかも知れない。三枚に卸し、腹骨を削ぎ、血合い骨は取らないでそのまま包丁で細かく切る。これにねぎ(玉ねぎ)、みょうが、しょうが(好みでニンニク)、みそ(できれば麦みそ)を合わせて切れる包丁で丹念にたたく。
 面白いのは三重県長島の宿、『美鈴』の名物料理である1本揚げ。羽根を広げて海面上を飛翔するかのように唐揚げに仕立てる。
 また家庭でも簡単にできるのは干物。難しく考えないで塩焼きの要領で塩を振り、冷蔵庫にラップをしないで一夜寝かす。この干物、料理が苦手でも決して失敗しない、しかもうまい。
参考/『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
トビウオの胸鰭(ひれ)は根元は一本で先に行くと二つに枝分かれする軟条(軟らかな筋)と根元から先まで一本の軟条でできている。トビウオの場合、枝分かれしない軟条が上から2本。
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側
棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系
ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ハマトビウオ属
トビウオ
Cypselurus agoo agoo (Temminck and Schlegel)
他のトビウオ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身(昆布締め)/たたき(なめろう)/
塩焼き(抱卵個体)/唐揚げ
卵の醤油漬け/塩漬け
○美味
◎卵巣は非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆関東では夏から秋にかけて和歌山、四国などから入荷してくる。ツクシトビウオ、ホソトビウオと比べると入荷量は少ない。値段はキロ当たり1000円弱。
トビウオという呼び名の魚の基本◆
■「トビウオ」というのは複数の種をさす言葉。主なものは以下の4種。アヤトビウオの入荷も見るが非常に少ない。
市場で見かける頻度の多い順)
1 ツクシトビウオ
2 ホソトビウオ
3 トビウオ
4 ハマトビウオ
トビウオの基本◆
■盛夏、初秋の風物詩的な魚。
■夏に入荷してくるものは抱卵している個体が多い。
■卸売市場などでは重さで買う魚と、本数で買う魚があるが、「トビウオは1本いくらで買う」魚。(他にはサンマ)
■卵巣は特に美味であるので醤油漬けや塩漬けに加工する。ホソトビウオ、ツクシトビウオ、そしてトビウオなどの卵巣が本来の「飛び子」。
■干物原料ともなる。
■伊豆七島での「くさや」原料のひとつ
生息域◆南日本。台湾東部海岸。
生態◆
産卵期は秋。9月~10月。
大きさ◆35センチ前後になる
漁獲方法◆刺し網/定置網
漢字◆「飛魚」。
由来◆海面を滑空(飛ぶ)するため。
呼び名・方言◆市場では単に「とびうお」。
釣り◆船釣りなどでたまにかかるもの。狙って釣るものではない。



関連コンテンツ