新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オニテッポウエビ」はこちら >>
十脚目抱卵亜目テッポウエビ科テッポウエビ属 オニテッポウエビ Alpheus digitalis De Haan, 1844
他のテッポウエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
オニテッポウエビは殻の後半にある斑紋がはっきりしない
オニテッポウエビとツメナガオニテッポウエビの見分け方
オニテッポウエビの大きい方のハサミ
ツメナガオニテッポウエビの大きい方のハサミ
物知り度/★
■香川県ではツメナガオニテッポウエビとともに「かちえび」といって食用とされる。
煮つけ/みそ汁/塩ゆで/スープ
 陸奥湾から瀬戸内海、沖縄。
 香川県観音寺市では「かちえび」と呼ばれる。
 浅い砂地でハゼと共生している。
 オニテッポウエビとツメナガオニテッポウエビは非常に似ていて、同定には注意するべきだ。見分け方は左記に明示。
 香川県観音寺市では「かちえび」と呼ばれる。
■現在香川県で食用としていることを確認済み。近縁のツメナガオニテッポウエビとともに「かちえび」として食用になる。観音寺市では塩ゆでにして食べられているという。これはエビの香りが薄くややもの足りない。むしろ醤油味で甘辛く煮つけて美味。他には唐揚げにも出来る。また洋風にスープも美味である。この「かちえび」を使ったスープで作るリゾットも美味。
●香川県観音寺市観音寺地方市場伊吹漁協組合本間さんから
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連コンテンツ