新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「カシオペエビジャコ」はこちら >>
甲殻上綱軟甲綱十脚目抱卵亜目エビジャコ科 カシオペエビジャコ Crangon casiope De Man, 1906
他のエビジャコの仲間にはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★
■市場などで流通することはない
 本種は千葉県木更津の前浜で無数にいたもの。体長3センチ前後しかない上に体色が砂色であるために、なかなか目にとまらない。潮干狩りに疲れて、腰を下ろしたときに、子供から「砂が動いてる」言われて初めて気がついた。塩が引き、露出した砂浜のそこここに小さな流れ、潮だまりが出来ている。そのわずかな海水の中を盛んに動き回る。
■あまりに小さなものなので唐揚げにするしかなかった。これは「やっぱりエビの味がする」といったほどのもの。
●千葉県木更津
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連コンテンツ