ヨシキリザメ

ヨシキリザメの生物写真

体長4m前後になる。背鰭は2基(大小2個)、頭部は細く目に瞬膜がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★★
重要
味の評価度 ★★★
美味
分類
魚類 顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目メジロザメ目メジロザメ科ヨシキリザメ属
外国名
Great blue shark, Blue shark
学名
Prionace glauca (Linnaeus, 1758) 
漢字・由来
漢字 葦切鮫
由来・語源 〈足切り鮫〉が語源。鱶鰭(ふかひれ)の原料なので鰭を切り取ってしまう。鰭は魚にとって足であるので〈足を切り取る〉から「よしきり」になった。〈あしきりざめ〉が〈よしきりざめ〉になったのは、植物の葦(あし)を〈よし〉と呼ぶのが〈あし〉が〈悪し〉に通じるのを嫌って、〈善し〉としたというのと同じ。
地方名・市場名
別名ミズブカ。
アオ、アオイラギ、アオタ、アオナギ、アオノチョウマン、アオブカ、アウナジャア、オナジャ、オバサン、カツオザメ、グタ、グタベ、コンジョウブカ、バカ、ミジブカ、ミズ、ミズサベ、ミズザメ、ヨシキリ

概要 ▽

生息域

海水魚。外洋性。
北海道全沿岸、陸奥湾、日本列島太平洋沖、希に山陰・瀬戸内海、東シナ海、。千島列島、カムチャツカ半島南東沿岸、台湾、中国南シナ海、西沙諸島、全世界の温帯〜熱帯域。

生態

卵胎性。1月〜2月に胎仔(子ザメ)を産む。
獰猛で人間も襲う。

基本情報

もっとも漁獲量の多いサメのひとつ。
鮮魚として出回らないので知名度は非常に低い。
関東ではおでんなどに使う、はんぺん、すじの材料としてよく利用されている。
高級鱶鰭(鱶鰭)材料ともなる。

水産基本情報

市場での評価 鮮魚ではなく練り製品、フカヒレ(鱶鰭)の材料である。
漁法 延縄(はえなわ9
主な産地 宮城県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
鮮魚としての入荷はなく、身質などは不明。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方


上等のはんぺんはヨシキリザメのすり身で作られている。ふんわりした食感が他の魚のすり身では出来ない。
はんぺん用のすり身をとった後に残るのが筋。これを固めたものが、おでん種の「すじ」である。関東のおでんには欠かせないもの。関西ではまったく使われない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品


いらぎみりん干し 宮城県産ヨシキリザメを薄く切り、しょうゆ、塩、砂糖などで味つけして干したもの。やや強く干してあってとてもおいしい。[平元商店 和歌山県東牟婁郡串本町古座]
はんぺんはんぺん ヨシキリザメ、アオザメなどの身の筋などを丁寧に除き、すり身にして成形してゆでて作る。ふんわりとしていてそのまま食べても、焼いて食べても、おでんに入れても非常にうまい。[日本ばし 神茂 東京都中央区日本橋]
すじすし(筋蒲鉾) はんぺんなどを作ったとき取り除いた筋、軟骨などにでん粉をつなぎにしてゆでて作る。関東の高級おでん種のひとつ。
おでん 昔ながらの東京風おでんに「すじ」と「はんぺん」はつきもの。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ