ミドリフサアンコウ

代表的な呼び名アカアンコウ

ミドリフサアンコウの生物写真

体長30センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目フサアンコウ亜目フサアンコウ科フサアンコウ属
外国名
Sea toads
学名
Chaunax abei Le Danois, 1978
漢字・由来
漢字 緑総房鮟鱇
由来・語源 田中茂穂の命名。
地方名・市場名
愛知県名古屋市ではアカアンコウ。
尾鷲市でアカアンコ(赤あんこ)。
ミズアンコウ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深30〜590メートル。
富山湾、九州西岸、五島列島西岸、青森県八戸、千葉県銚子〜九州南岸の太平洋沿岸。東シナ海大陸棚縁辺〜斜面域、朝鮮半島南岸、台湾。

生態

基本情報

駿河湾以南の底曳き網にしばしば混ざるもの。
愛知県、三重県などでは干ものなどに加工するほか、鮮魚でも流通する。
味のよさも専門家の間では知られているようである。

水産基本情報

市場での評価 主に愛知県、三重県などで流通。あまり高価ではない。
漁/底曳き網
産地 愛知県、三重県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤いもの。触って多少は張りのあるもの。

味わい

旬は秋から春。
鱗は皮と一体化していて取れない。皮は厚みがある。骨は軟らかい。
身は赤みのある白身でやや水分が多い。熱を通すと適度に縮むが硬くはならない。
肝なども美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(鍋、みそ汁、すまし汁)、唐揚げ、煮る(塩ゆで、煮つけ)、唐揚げ、焼く(干もの)
汁◆液体の中で火を通すと適度にしまるが硬くはならない。白身らしい上品な味で、ほんのりと甘味がある。みそ汁、すまし汁に、鍋材料としてもいい。
唐揚げ◆やや水分が多い身質なのでじっくり揚げると適度に締まる。竜田揚げや塩味だけの唐揚げは絶品。
煮る◆単に塩ゆでして大根下ろし、ポン酢で食べても美味。しょうゆ味の煮つけもいい。寒い時期は鍋ものにしても美味しい。
焼く◆そのまま焼くと少しべとつく。軽く干し上げて焼いて初めて美味しくなる。
すまし汁。液体の中で火を通すと適度にしまるが硬くはならない。白身らしい上品な味で、ほんのりと甘味がある。みそ汁、すまし汁に、鍋材料としてもいい。
ミドリフサアンコウの竜田揚げ竜田揚げ。やや水分が多い身質なのでじっくり揚げると適度に締まる。竜田揚げや塩味だけの唐揚げは絶品。
ミドリフサアンコウの煮つけ煮つけ。単に塩ゆでして大根下ろし、ポン酢で食べても美味。しょうゆ味の煮つけもいい。寒い時期は鍋ものにしても美味しい。
ミドリフサアンコウの干もの干もの。そのまま焼くと少しべとつく。軽く干し上げて焼いて初めて美味しくなる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

みりん干し●三重県尾鷲市北村商店。砂糖、醤油でつけ込み干したもの。[岩崎鮮魚店 三重県尾鷲市]
干もの(塩味)●愛知県三河地方一色町などで作られている。[鮮魚 天池 愛知県名古屋市大須]

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ