ホテイウオ

代表的な呼び名ゴッコ

ホテイウオの生物写真

30センチ前後になる。ぶよぶよと丸みがあり、棘ががなく、ぬめりがあるのでとらえどころがない。腹側には大きな吸盤がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ダンゴウオ科ホテイウオ属
外国名
英名/Smooth lumpsucker
学名
Aptocyclus ventricosus (Pallas)
漢字・由来
漢字 布袋魚
由来・語源 七福神の布袋様(太って、ゆったりした衣をまとっている)に似ているため。
地方名・市場名
ヨキヨ(與木魚)とされたことも。
別名、コブホテイウオ。
北海道、東北ではゴッコ。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅場〜水深1700メートル。
朝鮮半島釜山から日本海、オホーツク海、ベーリング海、カナダ・ブリティッシュコロンビアまでの北太平洋。太平洋側では神奈川県三崎、日本海では若狭湾以北。

生態

■ 産卵期は12月から翌年の4月くらいまで。普段は水深100メートルほどのところにいるのが浅瀬に来て産卵する。
この時期がホテイウオの漁期でもある。産卵した卵はオスが保護する。産卵後はオスメスともに死んでしまう。
■ 産卵孵化したものは浅い岩場にて吸盤などで吸い付き生活、夏には沖合に向かう。3年ほどは海の表層、水深100メートルほどのところを漂っている。3年ほどで成熟。浅場に産卵回遊して一生を終える。
■ 餌は浅場にいる稚魚期はヨコエビなど、沖合ではクラゲ類を食べている。
ホテイウオのオス
ホテイウオのオス 雄はやや小さく、ほっそりしている。

基本情報

現在関東では比較的よく見かけるものとなっている。
食べ方を知る人も増えてきており、冬を感じさせる魚のひとつだ。
市場などに通うプロにはお馴染みだが、まだまだ一般的には馴染みがない。
徐々にだが、デパート、魚屋、スーパーなどで見かけるようになってきている。

水産基本情報

市場での評価 冬、産卵期になるとまとまって入荷してくる。雄と雌は別々に入荷してくる。雌はやや高値、雄は安い。
漁法 刺し網
産地 北海道、青森県、岩手県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。柔らかいもの、白っぽくなったものは古い。新しいものは吸盤が吸い付く。

味わい

旬は冬
産卵に浅場にくる時期が漁期で旬。
アンコウに似ていて皮と身がブルブルして柔らかく鱗はない。
吸盤も柔らかい。
肝は柔らかくクセもなくやや強い旨みがある。
白子も美味。
胃や腸なども食べられる。
卵巣は煮るとバラバラになるが粘液をまとっているので、沈んでしまわず、ほどよく汁のなかで浮かぶ。
ホテイウオの卵ホテイウオの卵
雌の腹には巨大な卵塊がある。皮も、少ない身も内臓も食べられるが、雌の値を決めるのは卵巣だ。これを醤油漬けなどにもなる。
ホテイウオの雄の部位ホテイウオの白子等
雄は小振りで白子はあまり大きくない。だが、白子自体もいい味だし、肝、皮、筋肉など非常に美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(鍋も)、卵巣の醤油漬け
鰓と胆嚢、未消化のエサをのぞくと総て食べられるので、単にぶつ切りに。非常に下ごしらえは簡単。
ホテイウオの汁
ぶつ切りにしたものを湯引きし、表面の粘液質を取り去ってから煮ると、透明感のある汁になる。 卵巣は粘液をまとい、成熟の度合いにもよるがプツプツとほどよい食感が楽しめる。甘みも旨みも十分ある。
白子も美味。クリーミーで甘みが感じられ、まったくクセがない。
基本的に昆布だし、醤油、酒で鍋、もしくは汁にする。
葉物野菜よりも煮込んで美味なので根菜類が合う。
味噌味にしても美味。
コチュジャンを使ってチゲもいい。
最後にいいだしの出た汁が残れば雑炊、うどんなどがおすすめ。
ホテイウオの卵巣の醤油漬け卵巣の醤油漬け
50度くらいの湯のなかでほぐして、みりん、しょうゆを合わせたタレに漬け込む。ぷちぷちしたなかに、甘みと旨みが凝縮している。

好んで食べる地域・名物料理

ごっこ汁 北海道。しょう油仕立てで根菜類などが入る。鍋仕立てにもなる。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

恵山ごっこまつり 毎年2月に函館市恵山で「ごっこ汁」を振る舞う祭。ごっこの干ものなども販売している。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ