ベステル

代表的な呼び名チョウザメ

ベステルの生物写真

あまり大型にはならない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱軟質区チョウザメ目チョウザメ科
外国名
Bester
学名
F1
漢字・由来
漢字 蝶鮫
由来・語源 「チョウザメ」は北海道での呼び名で体に並ぶ骨板がチョウチョ(ちょう)に似ているため。田中茂穂は北海道ではこの骨板そのものを「ちょう」と呼んでいるとしている。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

交配種。自然界にはいない。

生態

基本情報

オオチョウザメ[Huso huso (Linnaeus)]の雌とコチョウザメ[Acipenser ruthenus Linnaeus,1758]の雄の交配種。
自然界にいるチョウザメ類を保護するために作り出されたもの。
日本には1980年に導入される。

水産基本情報

量的には少ないながら日本各地で養殖されている。
クセのない白身でうま味があり、刺身などでも食べることができるので、根強い人気がある。
卵からはキャビアが作れていて、非常に良質。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則として活け締めにしたもの。

味わい

鱗は側面と丈夫背の部分に縦に並んで硬い。
皮は厚く、滑りがある。
白身でクセがなく、ほどよく繊維質。
うま味と、脂ののりがある。
骨はあまり硬くなく、小骨などはない。
生でも油分(バターやオリーブオイル)でソテ、揚げるなどしても美味。
非常に用途が広い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、ソテー(ムニエル、オイル焼き)、フライ、しゃぶしゃぶ
刺身◆白身でクセがなく、うま味がある。食感もいいので非常に味がいい。
ソテー◆活け締めにして少し寝かせて料理したい。ムニエルにしても、オイルでソテーしても非常にうまい。
揚げる◆フライにするとクセがなく、ほどよくジューシーに出来上がる。
しゃぶしゃぶ◆薄切りにしてカツオ節だしを張り、しゃぶしゃぶにしてもうまい。
体に並ぶ骨板は蝶(ちょう)の形をしている。
フィレは非常に美しい。
ベステルの刺身刺身は味わい深い。
ベステルのしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶは非常にうまい。
岡山県新見漁業協同組合で作られているキャビア。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

小林建設(島根県邑智郡邑南町)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ