ヘリダラ

ヘリダラの生物写真

体長50センチ前後になる。側へんし背鰭が大きい。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区側鰭上目タラ目ソコダラ科ホカケダラ属
外国名
Awa grenadier
学名
Coryphaenoides marginatus Steindachner & Döderlein
漢字・由来
漢字 縁鱈
由来・語源 背鰭、尻鰭が長く黒いため、畳の縁を思わせるからではないか?
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深115〜990メートル。
茨城県〜土佐湾の太平洋沿岸、沖縄舟状海盆。朝鮮半島南東岸、台湾北東部・南部。

生態

基本情報

底曳き網などで少ないながら水揚げがある。
雑魚として扱われ、流通することはまずない。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場にはほとんど入荷しない。産地でも安い。
漁法 底曳き網
産地 静岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。

味わい

鱗はざらざらしているが取りやすい。
白身で鮮度がよいと血合いもきれい。
熱を通してもあまり縮まない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 揚げる(フライ、天ぷら)、刺身、ムニエル
フライ◆上質の白身で揚げても中はしっとりして味わい深い。
刺身◆白身ながらうま味があり、なかなか味わい深い。鮮度がよいと適度な食感が楽しめる。
意外にきれいな白身。
ヘリダラの刺身刺身の味は上々。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ