ブリモドキ

ブリモドキの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長50cm前後になる。紡錘形で背鰭棘に皮膜はない。[体長20cm]体長5cmの稚魚。

ブリモドキの形態写真

体長50cm前後になる。紡錘形で背鰭棘に皮膜はない。[体長20cm]

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ブリモドキ属
外国名
Rootman, Pilot fish
学名
Naucrates ducter (Linnaeus)
漢字・由来
漢字 鰤擬
由来・語源 田中茂穂の命名、もしくは江ノ島での呼び名。「ブリに近いもの故、私はブリモドキと命名して置いた次第である」。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年)
地方名・市場名
オキノウオ、サイゴブリ、サイデブリ、タツミ、ノボリサン。

概要 ▽

生息域

海水魚。沖合〜沿岸の表層。
小笠原諸島、北海道〜九州南岸屋久島の太平洋沿岸、鹿児島県笠沙、琉球列島、東シナ海北部の大陸棚縁辺。
青森県〜山口県の日本海沿岸、瀬戸内海には少ない。
千島列島南部の太平洋沿岸、朝鮮半島南岸、済州島、台湾、西沙諸島、全世界の温帯・熱帯域。

生態

大型のサメやエイ、イルカなどの大型魚とともに泳ぐ習性があり、これが大型船を誘導する水先案内の船(Pilot)の魚(Fish)と呼ばれている。

基本情報

定置網などに紛れ込むもので、揚がっても1個体か2個体くらいなので利用されないことが多い。
また相模湾などでは小型が多いのも利用されない理由だと思う。

水産基本情報

市場での評価/ほとんど入荷しないので一定の評価はなく安い。
漁法/定置網
産地/

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
鱗は細かく取りやすい。皮は厚みがあるがもろい。骨は軟らかい。
白身で血合いは鮮度がよいときれいだがくすみやすい。熱を通しても硬く締まらない。
味わいはブリ(ワカシ、イナダ)に似ている。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(煮つけ)
ブリモドキの煮つけ煮つけ あっさりと淡い味つけで煮つけたもの。クセのない白身で、ブリに似ていて美味である。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

写真のものは相模湾でアジ釣りに混じったもの。

歴史・ことわざなど

■欧米ではパイロットフィッシュ。大型のサメや船などと一緒に泳ぐ習性があることから、パイロット(水先人、水先案内人ともいう。大型の船などを岸壁などに誘導する専門家)のようだ、との意味あい。田中茂穂は「古来の伝説として、この魚は鮫などを食物のあるところへ案内し、その報酬として己の恐れる肉食魚を威嚇してもらい、相互に利益を得ている」とする。

参考文献 ▽

協力/福泉(東京都八王子市)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ