ヒレナガカサゴ

ヒレナガカサゴの生物写真

体長15センチ前後になる。小型のカサゴ。非常に背鰭棘が長い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科ヒレナガカサゴ属
外国名
英名/Long-fin rock-fish
学名
Neosebastes entaxis Jordan and Stark
漢字・由来
漢字 鰭長笠子、鰭長瘡魚
由来・語源 背鰭が長いカサゴの意味。田中茂穂の命名。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。相模湾から土佐沖。
画像の個体は神奈川県真鶴沖水深14メートル前後の砂地と岩礁域の混在する地点。

生態

基本情報

珍魚。
食用した人は非常に希。

水産基本情報

市場での評価 市場では一度も見ていない。
漁法
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は不明。
白身の小魚。
棘が鋭く、頭部が大きいため歩留まりは非常に悪い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 唐揚げ
珍魚なので唐揚げでしか食べていない。
なかなか美味
ヒレナガカサゴの唐揚げ無個性な白身。唐揚げで香ばしく美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ