ハナメゴチ

ハナメゴチの生物写真

体長30cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系カサゴ目コチ亜目コチ科ハナメゴチ属
外国名
Freespine flathead
学名
Ratabulus diversidens   (McCulloch, 1914)  
漢字・由来
漢字 鼻雌鯒(?)
由来・語源 不明
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深45-435m。砂、貝殻混じりの砂底。
相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸。兵庫県香住、山口県日本海沿岸、東シナ海大陸棚縁辺〜斜面上部域。朝鮮半島南岸、台湾、広東省、海南島。

生態

基本情報

底曳き網や定置網などに混ざるもの。まとまってとれないためにほとんど利用されていない。流通しない。

水産基本情報

市場での評価 まだ見ていない。
漁法 底曳き網、定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。

味わい

旬は春から夏。
鱗は小さくやや硬いが取りやすい。皮は厚く丈夫。
透明感のある白身で熱を通すと少し硬く締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 煮る、汁(潮汁、みそ汁、鍋)、焼く(塩焼き)
煮る◆煮てもあまり硬く締まらず、身自体に甘味がある。煮汁にもいいだしが出るので浸しながら食べるといい。
汁◆単に塩味で潮汁にして美味。みそもいい。野菜と合わせて鍋ものにしてもいい。
焼く◆塩をして半日ほど寝かせて焼くと美味。
ハナメゴチの煮つけ煮つけ。煮てもあまり硬く締まらず、身自体に甘味がある。煮汁にもいいだしが出るので浸しながら食べるといい。
野菜と合わせた鍋。煮ても硬くならず、美味しいだしが出る。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/ねこや商店(宮崎県日南市油津)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ