ネコザメ

ネコザメの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属
外国名
英名/Bullhead shark, Horn shark
学名
Heterodontus japonicus (Maclay and Macleay,1884)
漢字・由来
漢字 猫鮫
由来・語源 東京での呼び名。ネコに似ているため。
地方名・市場名
貝殻の硬いサザエなども好んで食べることからサザイワリ、サザエワタ、サザエワニ、サザエワリ、サデエワリ、サデワリ。
ゴオベイ、コロザメ、ショウガエシ、トラザメ、トラブカ、ネコ、ネコブカ、マヤーサバ、マヤーブカ、マヤブカ。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本、東シナ海。

生態

基本情報

国内の沿岸に普通。
刺し網や定置網に混ざるもので、食用とみなさい地域が多い。

水産基本情報

市場での評価 入荷は非常に希。値段はつかないこともある。
漁法 刺し網、定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に活魚。触って丸みがあり、太っているものを選ぶ。

味わい

旬は不明。
表面は典型的な鮫肌。
ザラザラして厚みのある皮。
身は淡泊でまったくクセがない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 ゆびき、唐揚げ

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
相模湾では、頻繁に刺し網などにかかり珍しい存在ではない。最近の飲食店のショーアップ用によく活けで入荷する。
■湯引きにしてもっとも美味なもの。特に和歌山県などでは珍重されている。他には唐揚げなどになる。

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ