ヌマチチブ

ヌマチチブの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長9cm前後になる。頭部ほおを中心に青みを帯びた大きな白色の斑紋がまばらにある。成魚の雄意外は背鰭の軟条は長く糸状に伸びない。胸鰭基部に薄茶色の横帯があり、その中に枝分かれしたり途切れたりする橙色の線がある。体長9cm前後になる。頭部ほおを中心に青みを帯びた大きな白色の斑紋がまばらにある。成魚の雄意外は背鰭の軟条は長く糸状に伸びない。胸鰭基部に薄茶色の横帯があり、その中に枝分かれしたり途切れたりする橙色の線がある。体長9cm前後になる。頭部ほおを中心に青みを帯びた大きな白色の斑紋がまばらにある。成魚の雄意外は背鰭の軟条は長く糸状に伸びない。胸鰭基部に薄茶色の横帯があり、その中に枝分かれしたり途切れたりする橙色の線がある。

ヌマチチブの形態写真

体長9cm前後になる。頭部ほおを中心に青みを帯びた大きな白色の斑紋がまばらにある。成魚の雄意外は背鰭の軟条は長く糸状に伸びない。胸鰭基部に薄茶色の横帯があり、その中に枝分かれしたり途切れたりする橙色の線がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科チチブ属
外国名
Japanese trident goby
学名
Tridentiger brevispinis Katsuyama, Arai and Nakamura
漢字・由来
漢字 沼知々武
由来・語源 高知県での呼び名。「ちちぶ」は高知県での呼び名。「ちち」は陰茎の俗語。「ぶ」は魚名接尾語。「沼」は湖沼にもいる、という意味合い。
地方名・市場名
ウロロンコ/福岡県久留米市田主丸
ゴリ/福井県大野市川合、高知県四万十川
スイツキビシ/福井県大野市川合で「ビシ=カジカ」に似て吸盤があるため。戦後には見かけなかったものが、取れるようになった。これはアユなどと一緒に移入されてきたからだと思われる。ときどきカジカと混同されて「ビシ」、「ゴリ」とも。
ダボハゼ/千葉県船橋市
ドブロク/徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川
バフ/秋田県南秋田郡八郎潟町
ビシ/福井県大野市川合
イモゴリ、イワスイチチコ、オキノゴモ、カワドボロク、カワハゼ、グズ、クラハゼ、クロギャボ、クロコ、クロゴリ、クロゴロ、クロハゼ、ゲロ、ゴモ、ゴリ、ゴロ、コロビシャ、シロゴイル、ダボ、ダボキン、ダンクロ、タンバゴリキ、チチコ、チチブ、チチブハゼ、ドコマン、トチコ、トブロク、トボクロ、ドマグロ、ドンク、ドンコ、ヌメ、ハゼ、ハゼクロ、ハバサ、ハラフクレ、ブトキン、ボテ、ユボ。

概要 ▽

生息域

河川の中流域〜下流域。湖沼、汽水域。
北海道、本州、四国、九州の海に流入する河川、壱岐、対馬、奥多摩湖、芦ノ湖、富士五湖、琵琶湖。サハリン、朝鮮半島、千島列島。

生態

基本情報

高知県四万十川では幼魚を漁の対象としているよう。
大きくなると骨が硬くなり、用途が狭くなる。

水産基本情報

市場での評価 限定的な流通。やや高価。
漁法
産地 高知県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

滑りがさらさらしているもの。黒いもの(退色していないもの)。

味わい

旬は幼魚の出現する春。
幼魚が利用しやすく、成魚は比較的利用されない。
ただし成魚も白身魚としては味がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

【稚魚・幼魚】揚げる(唐揚げ、天ぷら)、煮る(佃煮、煮つけ)、【成魚】揚げる(唐揚げ、天ぷら)、煮る(佃煮、煮つけ)、焼く(塩焼き)
ヌマチチブの唐揚げ唐揚げ 小振りのものを真水でよく水洗いする。水分をよく切り、片栗粉をまぶしてじっくりと揚げる。骨が柔らかいのでまるごと食べられて香ばしくて甘味がある。
ヌマチチブの佃煮佃煮 小振りのものが向いている。真水で何度も洗い、水分をよく切っておく。これをみりん、酒、砂糖、少量の水で甘辛く煮上げる。骨が柔らかいので丸ごと食べられて、ご飯のおかずにも、酒の肴にもなる。
ヌマチチブの塩焼き塩焼き 大型のものは生きているまま振り塩をする。これをじっくりと焼き上げる。皮目にうま味があり、上品な白身でイヤミのない味。

好んで食べる地域・名物料理


ばふの煮つけばふの煮つけ 採取したヌマチチブをきれいな真水でなんどか洗う。これをしょうゆと水で煮つけたもの。うま味豊かなだしが出て、味つけではない甘味が感じられる。丸ごと食べても軟らかくてとてもおいしい。[秋田県八郎潟町]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/丸吾商店(築地場内)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ