ニホンヤモリザメ

ニホンヤモリザメの生物写真

体長70センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目メジロザメ目トラザメ科ヤモリザメ属
外国名
学名
Galeus nipponensis Nakaya
漢字・由来
漢字 日本守宮鮫(nihonyamorizame)
由来・語源 ハ虫類のイモリ(井守)、ヤモリに似ているため。「日本」はヤモリザメの後に種が確定し、名称をつけるとき、より日本沿岸に多いためつけたと思われる。もしくはヤモリザメが海外の分類学者の命名であるのに対して、国内で邦人によって命名されたためか?
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。千葉県以南〜九州。パラオ海嶺。
深海生。

生態

基本情報

深場の底引き網などで揚がるもの。
練り製品や総菜などに利用されている可能性など不明。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ