ツバメコノシロ

代表的な呼び名アゴナシ

ツバメコノシロの生物写真

体長45センチ前後になる。側扁(左右に平たい)する。下あごが上あごに対して極端に小さく、体側に暗色の筋が無数にある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ツバメコノシロ亜目ツバメコノシロ科ツバメコノシロ属
外国名
英名/Mommon threadfin,Common tassel-fish
学名
Polydactylus plebeius (Broussonet)
漢字・由来
漢字 燕鰶、燕鮗
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。大きくて黒い鰭がツバメを思わせるため。
地方名・市場名
千葉県、静岡県などからはアゴナシという魚名で入荷してくる。
アギナシ(顎無)/関西、高知。
アゴナシ(顎無)/東京、神奈川県三崎、江ノ島、和歌山県田辺、高知県沖ノ島。
オトガイナシ(頤無)/和歌山。
スギナシ/高知。
ハナブットゥー/沖縄。
ヤマモチ/鹿児島。

概要 ▽

生息域

河口域、内湾の水深122メートルよりも浅い砂泥地。
福島県〜九州南岸の太平洋沿岸、若狭湾〜長崎県西海、屋久島、琉球列島、南大東島。朝鮮半島南岸、台湾、香港、海南島、インド〜西太平洋。

生態

基本情報

暖かい海域、熱帯などでは一般的な食用魚。
漁獲量は少なく、産地などを中心に流通する。
現在、アゴナシという名がもっとも広く使われているよう。
目立たない外見ながら、味がいいので、産地などでは人気がある。

水産基本情報

市場での評価 関東では入荷量が少ない。馴染みがないので安い。
漁法 定置網、底曳き網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。退色して白くないもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は晩秋から初夏。
白身で鮮度がよければ血合いが美しい。
よく身がしまっており、身離れがいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、塩焼き
ツバメコノシロの刺身刺身
鮮度がよければ刺身にして非常にうまい。血合いが美しく、旨みが強い。
塩焼き 熱を通すと、しまり、身離れがいい。皮目に独特の心地よい風味がある。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ