ツバメウオ

ツバメウオの生物写真

40センチ前後になる

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目マンジュウダイ科ツバメウオ属
外国名
英名/Bastard mullet
学名
Platax teira(Forsskål,1775)
漢字・由来
漢字 燕魚。
由来・語源 神奈川県江ノ島周辺、和歌山県田辺での呼び名を標準和名とした。姿形から。
地方名・市場名
シマヒシャ(島菱)」は江戸時代の呼び名。
沖縄本島でアンラーカーサー、宮古でキーヌハーズユ。
アブウオ、アブラウオ、アンラガーサー、カラスウオ、カラスダイ、キョウゲンウオ(狂言魚)、チョウウオ、チョウチョウ、ツバクロダイ(燕鯛)、ツバメウオ、トモモリ、ヒコウキウオ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸域。
北海道釧路〜九州南岸の太平洋沿岸、伊豆諸島、新潟県〜長崎県の日本海沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島、東大東島。インド〜西太平洋。

生態

■ 稚魚のときにはまるで木の葉のように擬態しているという。
■ 成魚は沖合の中層域で大きな群れを作る。

基本情報

一般的な入荷は希。
ときに磯臭いものがあり、嫌う人が多い。
臭いのない個体は非常に美味。

水産基本情報

市場での評価 熱帯域では周年、本州などでは夏から秋に入荷。入荷量は非常に少ない。安い。
漁法 定置網
産地 和歌山県、大分県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

大型で色合いがくすんでいないもの。触ってぬめりのないもの。

味わい

旬は秋から冬。
鱗は細かく取りやすい。骨はやや硬い。
やや赤味を帯びた白身で透明感がある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、潮汁
刺身◆磯臭さのない個体の刺身は非常に美味。身にうま味があり脂がのって甘い。
若魚で背鰭、尻鰭が長い。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

伊豆諸島では防波堤などからの浮きづりなどで釣れる。

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
夏から秋には市場でも見かけるが臭いのあるものがあるため注意が必要。
臭いさえなければとてもうまい魚である。
刺身はこの時期脂がのり旨味がたっぷりで微かに甘い。
脂が強いので好き嫌いはでるが捨て難い味わいである。
また塩焼き、ムニエルなどにもなる。

参考文献 ▽

『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ