チャネルキャットフィッシュ

代表的な呼び名アメリカナマズ

チャネルキャットフィッシュの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長60センチくらいになる。典型的なナマズ型で、やや側扁。体側に胡麻模様がある。霞ヶ浦稲敷市桜川村の川岸家の張り網に大量に入ったアメリカナマズ。霞ヶ浦ではワカサギなどを食害するとして駆除の対象。

チャネルキャットフィッシュの形態写真

体長60センチくらいになる。典型的なナマズ型で、やや側扁。体側に胡麻模様がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系ナマズ目イクタルルス科(アメリカナマズ科)イクタルルス属
外国名
Channel catfish
学名
Ictalurus punctatus (Rafinesque, 1818)
漢字・由来
地方名・市場名
霞ヶ浦ではアメリカから移入してきたのでアメリカナマズ(亜米利加鯰)。
岐阜県飛騨市では茨城県霞ヶ浦から稚魚を導入して養殖。「河ふぐ(カワフグ)」として供している。

概要 ▽

生息域

淡水魚。北アメリカロッキー山脈伊東のカナダ南部とアメリカに広く棲息する。
国内では利根川水系、霞ヶ浦、琵琶湖・淀川水系。
霞ヶ浦で1981(1979年ともいう)に養殖用に種苗を持ち込んだのが逃げて繁殖したとされている。
日本各地で養殖されている。

生態

雑食性の魚。体長50センチを超え、重さ7キロ以上になる。

基本情報

アメリカ原産。
養殖のために移入。
各地で養殖されているほか、池などから逃げ出したものが霞ヶ浦などで大繁殖し、ワカサギなどを食害して問題となっている。
ただし味は非常によく、日本各地で名物料理となっている。
チャネルキャットフィッシュのフィレ

水産基本情報

市場での評価 流通することはほとんどない。各地で名物的な扱い。
千葉県、茨城県の淡水域では非常に増えており、ときに張り網(定置網)、延縄などの獲物のほとんどが本種であることもあるという。市場的価値もなく、小魚二枚貝などを捕食することで内水面漁業に多大な被害を与えている。
さて、国内ではきらわれものであるが、アメリカでは重要な食用魚で養殖も盛んである。ベトナム産の「バサ」でも触れたようにナマズのフライはアメリカではもっとも好まれているもの。
霞ヶ浦稲敷市桜川村の川岸家の張り網に大量に入ったアメリカナマズ

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

できれば生きているもの。

味わい

旬は不明
力が強く棘が鋭いので取扱注意。
白身でほどよく繊維質で肉がしまっている。
旨みもあり上質。
養殖ものは生食も可能。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
スープ(トマト)、揚げる(フライ、天ぷら、唐揚げ)、生食(刺身、洗い)
幽庵焼き 幽庵地(酒、みりん、しょうゆ)に漬け込んで焼いてもいい味。
チャネルキャットフィッシュのスープスープ だんご状にする、もしくはあらや切り身などを入れてトマト風味のスープにすると非常に美味。玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなどを入れてもいい。
チャネルキャットフィッシュのフライ揚げる 基本形はフライだと思う。アメリカでのハンバーガーなどは有名。和風の天ぷら、唐揚げなどにしてもうまい。
チャネルキャットフィッシュの刺身生食 養殖などに限った方がよい。弾力があり、しまっているので薄作りにする。また洗いにすると食感がよくなる。あまりうま味などは感じないがほどほどに食べることができる。食感を楽しむべきかも。

好んで食べる地域・名物料理

日本各地

加工品・名産品

冷凍フィレ

釣り情報

歴史・ことわざなど

■ 霞ヶ浦で1981(1979年ともいう)に養殖用に種苗を持ち込んだのが逃げて繁殖したとされている。
■ 千葉県、茨城県の淡水域では非常に増えており、ときに張り網(定置網)、延縄などの獲物のほとんどが本種であることもあるという。市場的価値もなく、小魚二枚貝などを捕食することで内水面漁業に多大な被害を与えている。

参考文献 ▽

提供/茨城県稲敷市桜川村古渡入 張り網(定置網)。諸岡清志さん
『平成調査 新霞ヶ浦の魚』(霞ヶ浦市民協会)、『霞ヶ浦の魚たち』(レイモン・アザディ 筑波書林)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ