ソトオリガイ

ソトオリガイの生物写真

5cm前後になる。貝殻は長い楕円形で薄くもろい。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
二枚貝綱異靱帯亜綱ウミタケガイモドキ目(異靱帯目)ネリガイ超科オキナガイ科オキナガイ属
外国名
littoral spoon clam
学名
Laternula (Exolaternula) marilina (Reeve,1863)
漢字・由来
漢字 衣通り貝
由来・語源 貝殻が非常に薄く半透明であるため。『丹敷能浦裏』より。
地方名・市場名
ウスギヌ(薄衣)、カモガイ、カラスオウ、ミズオー

概要 ▽

生息域

潮間帯から水深10メートルの砂泥地に棲息。
オホーツク海、サハリンから九州。東南アジア。
潮間帯の干潟などにもぐっている。

生態

河川などの流れ込む、干潟に生息。

基本情報

干潟の生物であり、一般にはまったく知られていない。

水産基本情報

一般的水産物ではない。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
貝殻は薄く軟体部分は大きい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 ゆでる、みそ汁

ゆでる ゆでて食べてみた。硬く締まらず甘味があるので決してまずくはない。

好んで食べる地域・名物料理

高知県高知市浦戸湾の漁師、永野廣、昌枝夫妻によると、昔は食用として食べていたという。

加工品・名産品

釣り情報

また高知では本種をクロダイなどの延縄の餌にしていた。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分類・由来』(川名興編 未来社)
高知市浦戸湾河口。高知市永野廣さんより。


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ