ゼゼラ

ゼゼラの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科ゼゼラ属
外国名
英名/Biwa gudgeon
学名
Biwia zezera (Ishikawa,1895)
漢字・由来
漢字 膳所魚(?)
由来・語源 滋賀県大津市膳所(琵琶湖岸)と関係ありではないか? 「ら」は魚を表す接尾語と思われる。
地方名・市場名
琵琶湖でイイサン、エンドス、ジャジリコ、ゼゼラ、ハナタレ、ボウズ、ボンサン。
岐阜県でクソバエ、ハゼ、ボウズムギツキ、ボウズモロコ、ムギツキ。
ザコ、ハヤンコ、ボヤル、メダカ、ヤナギバエ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。琵琶湖淀川水系、濃尾平野、九州。
各地に移植。

生態

産卵期は4月〜7月。

基本情報

琵琶湖周辺では佃煮などにも加工されるが、頭がとれやすいために二級品で希なもの。
むしろアユなどに混ざることで嫌われている。
ただし見た目はともかく味がいいので、見つけたら買ってみるべし。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺でのみ売り買いされている。安い。
漁法 えり(定置網)
産地 滋賀県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

身に透明感のあるもの。白濁しているものは古い。

味わい

旬は冬から春。
原則としてそのまま水洗いして利用。
鱗は小さく気にならない。
内蔵は煮るとほろ苦い。
熱を通すと頭が落ちやすい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 煮る
煮る◆酒、砂糖、醤油であっさりと煮ることが多い。癖がなく柔らかく食べやすい。内蔵にほろ苦さが感じられて、これがなんともいえずよい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

佃煮/琵琶湖周辺。湖魚のなかでも比較的珍しいもの。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ