スイジガイ

スイジガイの生物写真

全長30cm前後になる。貝殻は分厚く持ち重りがする。水管は伸びず、6本の棘を持つ。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱盤足目ソデボラ超科ソデボラ科(スイショウガイ科)サソリガイ属
外国名
Chiragra spider conch
学名
Lambis chiragra (Linnaeus,1758)
漢字・由来
漢字 水字貝
由来・語源 『六百介品』より。貝の形が漢字の「水」に似ているため。
地方名・市場名
沖縄県石垣島でヤドブレー。
彫りの深いものをシワクチガイ。
種子島でウシモッコー、ヤッカイモッコー。
沖縄でアクゲーシ、ガギムー、ガズヤドゥムラ、チヌムー、ナナチナーブイ、ナナチナブイ、ヒンジャンミャ、フーシ、フヌ・ヤドゥムラ、ベーベーナ−、マーヌキムン、マブランカ、ミャール、マヤンニア、ムヌヒヌーシ、ムンバレ、モウッマヤンニャ、ヤギガイ、ヤッチリマル、ヤツデマル、ヤドゥマレー、ヤドゥラビ、ヤドムレ、ヤドモリ、ヤドンマブリャ、ヤドンミェビリャグワ、ヤドンミニャ、ヤマカーラキ、ユーナチモーモー。

概要 ▽

生息域

海水生。サンゴ礁、岩礁の砂地底。
紀伊半島以南。熱帯インド・太平洋域。

生態

基本情報

食用としてよりも魔除けとか貝の収集の対象。
産地では味のいい貝としても知られている。

水産基本情報

市場での評価 流通しない。
漁法 採取
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明。
貝殻は分厚く非常に硬い。
生きているものは水からゆでるとふた(爪状のもの)をひっぱるとするりと身が出てくる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 ゆでる
ゆでる◆塩だけでゆでると甘味が強く、軟らかい。実に味がいい。
生◆クセのない味で、あまり硬くなく食べやすい。食感もいい。
裏側。
ゆでる◆塩だけでゆでると甘味が強く、軟らかい。実に味がいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

魔除け●「軒先に下げて魔除けに用いた」(奄美大島)
魔除け●「畜舎の前に吊して魔除けにする」(沖縄伊平屋島)
火魔除け●「かまどの脇に吊されたりする」(与論島)
火魔除け●「スイジガイは軒下などに吊して魔除け(火事除け)の御守りにします」(石垣島/河村雄太さん)
火魔除け●「水の字になっているので火魔除け」(和歌山)

参考文献 ▽

協力/河村雄太さん
『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ