ササウシノシタ

ササウシノシタの生物写真

体長14センチ前後になる。長楕円形で表は砂を思わせる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目ウシノシタ亜目ササウシノシタ科ササウシノシタ属
外国名
学名
Heteromycteris japonica (Temminck & Schlegel,1846)
漢字・由来
漢字 笹牛之舌
由来・語源 田中茂穂の命名。体が笹の葉状であるため。
地方名・市場名
クツゾコ、クッツオコ、シタ、スナガレイ、タゲ、タバコガレ、タバコガレイ、タバコノミ、タボコガレ、タボコガレイ、タボコノミ、ネズラ、ベタ、マガリ。

概要 ▽

生息域

海水魚。千葉県、新潟県以南、東シナ海。黄海。
浅い砂地。

生態

産卵期は春から夏。
砂地で目のある方を上にしているが、目のある方をたの物に付けることがある。

基本情報

底曳網などにまざってとれるもの。
一般的に捨てられる。

水産基本情報

市場での評価 流通しない
漁法 底曳網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
鱗はしっかりして硬い。
身は薄く、下ろすのは難しい。
骨はやや硬い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 唐揚げ
唐揚げ◆じっくり揚げると丸ごと食べられる。


好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ