サギフエ

サギフエの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スメグマモルフ系トゲウオ亜系トゲウオ目ヨウジウオ亜目サギフエ科サギフエ属
外国名
英名/Bellowsfish, Egret-piper
学名
Macroramphosus scolopax (Linnaeus,1758)
漢字・由来
漢字 鷺笛
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。サギ(鷺)のくちばし(嘴)のような形の口をした魚の意味合い。「ふえ」はのど(喉)のことでサギののどまでの形に似ているためかも。
地方名・市場名
サギブエ、ダイコクサギフエ、ダイコクサギブエとも。
ウグイス、チュウチュウ、ツノハゲ。

概要 ▽

生息域

海水魚。琉球列島を除く本州中部以南。インド・西太平洋域。
水深15〜150メートル。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方



好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ