ゴンズイ

ゴンズイの生物写真

体長20センチ前後になる。紡錘形で体側に体側に日本の明瞭な黄白色の縦縞がある。鱗はなく表面は粘液で覆われる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱新鰭区ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系ナマズ目ゴンズイ科ゴンズイ属
外国名
英名/Barbel eel
学名
Plotosus japonicus (Yoshino and Kishimoto,2008)
漢字・由来
漢字 権瑞
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。語源などは不明。
地方名・市場名
兵庫県姫路市家島群島坊勢島でギン。
山口県長門・仙崎でギギ。
ウグ、ウミギギ、ウミナマズ、ウルベ、エドミズ(捨てる魚なので江戸には出せない。江戸を見ずという意味合い)、エドミズゴンズイ、カラコ、ギギュウ、ギュウギュウ、ギンギ、ギンギョ、グイ、グキウオ、クグ、グシャコ、グジャコ、グチノイオ、クモ、グング、グンシャク、ゴズイオ、ゴンジ、ゴンジイ、ゴンゼ、ゴンセー、ズルベ、ユルベ、ユルメ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の浅い岩礁域にすむ。
房総半島〜九州南岸の太平洋沿岸、能登半島以南の日本海には少ない。

生態

棘と棘の基底部をこすり合わせて、ググっと鳴く(音を出す)。
産卵期は5〜7月。
夜行性。
大きさの揃った個体どうして濃密な塊状の群れを作り、これをゴンズイ玉という。
胸鰭、背鰭には強う棘があり、毒がある。
刺されると非常に強い痛みがある。
ゴンズイの棘1胸鰭、背鰭に鋭い棘がり刺されると非常に痛みがあり、ときに死に至る。

基本情報

浅い岩場、港湾などに普通に見られる魚で、釣りなどでもよく上がる。
一般的には背鰭、胸鰭などに鋭い棘があり、刺されると痛いので危険な魚、有毒な魚とされて、
食用面は表だって取り上げられることは少ない。
海辺などで好んで食べる地域と食べない地域がくっきり分かれる。
なかなかおいしい魚だが流通することは希。

水産基本情報

市場での評価 入荷は希。一般的ではなく、食べ方などがわからないため安い。
漁法 カゴ漁、定置網
産地 神奈川県(関東では)、千葉県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

体側にある縦筋がはっきりしていて黄色い、もしくは白いもの。悪くなるとぼやけてくる。

味わい

旬は春から夏。
胸鰭、背鰭に鋭い棘がり刺されると非常に痛みがあり、ときに死に至る。
料理する前に必ず棘を取り去る。
皮はしっかりしており、粘液は簡単に取れる。
焼くことで皮に独特のウナギを思わせる風味がある。
白身で上品でいながら味わい深い。
肝なども美味。
ゴンズイの棘2料理する前に必ず棘を取り去る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(みそ汁、しょう油鍋)、蒲焼き
ゴンズイの汁
みそ汁にするのが最上の料理法。甘みのあるだしが豊かに出て、具材にはこれまた甘みのあるカボチャやニンジンを加える。
ゴンズイの蒲焼き蒲焼き
開いて、素焼きにし、みりん、しょう油を半々に合わせたタレをつけて焼く。皮目にウナギのような風味があり、なかなかいい味わいになる。

好んで食べる地域・名物料理

煮つけ 兵庫県姫路市家島群島坊勢島。ギン(ゴンズイ)は煮つけにして食べる。

加工品・名産品

釣り情報

夜釣りの防波堤釣り(波止釣り)で釣れる。投げ釣り(ぶっ込み)、浮き釣りなど釣り方に関係なくくる。餌もオキアミ、イソメ類、魚などの切り身でもいい。

歴史・ことわざなど

ゴンズイという樹木があり、植物に同名の種がある魚のひとつ。他にはアカザはアカザという食用にもなる草(草本)がある。

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
やや暖かい海に生息し、ナマズの中では唯一海だけで生活環(一生)を終える。
またフェロモンを出し、一かたまりになって泳ぐ習性があるが、これを「ごんずい玉」と呼ぶ。生息数は太平洋側に多く、日本海側には少ない。気軽な防波堤での夜釣りではもっともお馴染みの魚。簡単に釣り上がり闇の中で思わず不用意に掴んでしまった不幸な人も多いはず。背びれに鋭い棘を持ち、刺されると強い痛みが何時間も続く。

■旬は卵を持つ秋である。この魚、千葉県外房の町ではしばしば食用とされる。外房での食べ方は、頭を危険な刺の後ろから切り落とし、これを一度熱湯に通す(これは必要ないかも?)。それを季節の野菜、特にカボチャなどとみそ汁にするというもの。不覚にも長く食べようと思ったことはなかった。それがクロダイ釣り師である知人にこの料理法をすすめられ、そのうまいのに驚いた。なんとも素朴だが滋味豊か、体がホカホカしてくる。
 またこのように皮がぬらぬらした魚は柳川にしてうまいのではないかと思っていた。と、旬の秋にゴンズイを手に入れて試してみた。これがずばり、うまいのなんのって、身にはたっぷり脂が含まれていて、これをゴボウと煮るなり、むっくりと膨らんでくる。煮上がりを口に入れるやトロリと舌の上で溶けて甘みとともに消えていくのだけれど、その上品なこと。旨味が強いのに品の良さがあるのだ。ほかには、蒲焼き風に焼いてみた。これも皮目にねっとりした旨味があり、酒の肴として最高に良い。
 また刺身にするともっちりしているが特別には旨味が感じられない。

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『マンボウの刺身』(岩本隼 新樹社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ