コモンサカタザメ

コモンサカタザメの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
全長70cm前後になる。エイ区エイ上目なので鰓は腹面に開く。

コモンサカタザメの形態写真

全長70cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目サカタザメ目サカタザメ科サカタザメ属
外国名
Guitarfish, Angel fish
学名
Rhinobatos hynnicephalus Richardson,1846
漢字・由来
漢字 小紋坂田鮫
由来・語源 サカタザメの仲間で小紋(小さな斑紋)がある。「さかた」は「逆田」なのではないか? すなわち田を耕す「鋤」に似たサメという意味。
地方名・市場名
サカタ/和歌山県和歌山市雑賀崎
熊本ではカイメ、キャーメンチョ。

概要 ▽

生息域

海水生。水深140メートルまでの砂泥地。
新潟県〜九州北西岸、和歌山県〜九州南岸の太平洋。瀬戸内海、有明海、東シナ海。朝鮮半島、台湾、江蘇省〜広東省の中国沿岸。

生態

基本情報

主に西日本の産地周辺で食用とされている。淡泊な味で沿岸性のサメと同様にゆびきにして酢みそなどで食べられている。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場では非常に希。安い。
漁法 底曳き網
産地 和歌山県、長崎県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。体の斑紋がくっきりしているもの。

味わい

旬は夏だと思われる。
鱗はざらざらして取るのは大変。皮は厚い。骨は軟骨で頭部のみ硬い。
白身で熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
ゆでる、汁(みそ汁)、揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ、みそ煮)
コモンサカタザメの刺身湯引き
今回利用したのは胴の部分。皮つきのままゆでて、冷水に取り、たわしなどで鱗をこそげ落とす。これを刺身状に切る。辛子酢みそで食べる。
コモンサカタザメのみそ汁みそ汁
頭部のやや硬い軟骨の部分を刺し昆布をして水から煮出して、みそを溶いた。じっくり煮出すといいだしが出る。青みはニラ。
コモンサカタザメの唐揚げ唐揚げ
腹部の軟らかい部分をしょうゆ、みりん、にんにくを合わせたタレに漬け込んで揚げたもの。
コモンサカタザメのみそ煮みそ煮
やや淡泊過ぎるので、しょうがをきかせたみそで煮込んでみた。煮ても硬く締まらず、なかなかの味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/金栄丸(酒屋魔剣和歌山市雑賀崎 金栄丸では魚の販売もやっています)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ