コケノコギリ

コケノコギリの生物写真

体長40cm前後になる。写真のものは体長45cm, 重さ3.7kg。とても体高があり、厚みもある。ほおの部分に鱗がある。鱗は大きく網目状に見える。胸鰭の内側に鱗がない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科コケノコギリ属
外国名
Mozambique large-eye bream
学名
Wattsia mossambica (Smith, 1957)  
漢字・由来
漢字 鱗鋸、鱗鋸鯛(kokenokogiri)
由来・語源 鱗(uroko こけ)が大きいノコギリダイに近い種という意味合い。
地方名・市場名
沖縄本島でアンラーシルイュー、スウュウー。『沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表』

概要 ▽

生息域

海水魚。100mよりも浅い岩礁域。
奄美大島、琉球列島。インド-西太平洋、マーシャル諸島。

生態

基本情報

比較的珍しい魚で水揚げ量も少なめ。
非常に味のいい魚ではあるが、知名度がなくあまり高価ではない。

水産基本情報

市場での評価 入荷は希、やや高価。
漁法 釣り
産地 沖縄県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

全身が金色かがって見えるもの(退色していないもの)。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は不明。
大きいほど味がいい。白身の最高峰のひとつかも。
鱗は硬いが取りやすい。皮は厚い。骨はやや硬め。
身は真っ白で透明感もある。身割れしにくい。熱を通しても身が締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 ソテー(ムニエル、バター焼き、オリーブオイル焼き。ポワレ)、蒸す、汁(鍋、みそ汁)、生食(刺身、皮霜造り)、煮つけ、焼く(塩焼き)、揚げる(フライ、唐揚げ)
ソテー◆ソテーするとふっくらとして柔らかく仕上がる。味は豊潤無比。味に奥行きがあり、実に美味しい。ムニエル、バター焼き、ポワレにもなる。
蒸す◆身だけではなく皮のゼラチン質が膨らむように思える。甘く、うま味があってほどよく身が舌の上で崩れる。実に重み、厚みのある味わい。
汁◆鍋もの、みそ汁、スープなどどのような汁につかっても身のうまさが光る。実にうまい。
生食◆単に刺身にしても実にうまい。やや皮が厚く、気になるが皮霜造りにしてもいい。セビチェ、カルパッチョも絶品だ。
煮つけ◆煮るとふっくらと仕上がり、皮のゼラチン質が甘い。身のほどよく繊維質であるのが口の中でほどけるその感覚がいい。絶品である。
塩焼き◆焼くと皮の風味が立つ。ほどよい食感の身が甘く、豊潤な感じしてうまい。
揚げる◆揚げると皮目、あまり硬く締まらない身が実に美味。フライ、唐揚げなど用途は多そう。

コケノコギリのソテーソテー◆ソテーするとふっくらとして柔らかく仕上がる。味は豊潤無比。味に奥行きがあり、実に美味しい。ムニエル、バター焼き、ポワレにもなる。
コケノコギリの蒸しもの蒸す◆身だけではなく皮のゼラチン質が膨らむように思える。甘く、うま味があってほどよく身が舌の上で崩れる。実に重み、厚みのある味わい。
コケノコギリの汁汁◆鍋もの、みそ汁、スープなどどのような汁につかっても身のうまさが光る。実にうまい。
コケノコギリの刺身生食◆単に刺身にしても実にうまい。やや皮が厚く、気になるが皮霜造りにしてもいい。セビチェ、カルパッチョも絶品だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
沖縄水産試験場 沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ