ケムシカジカ

ケムシカジカの生物写真

体長30㎝前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ケムシカジカ科ケムシカジカ属
外国名
英名/Sculpin,Shaggy sea raven
学名
Hemitripterus villosus (Jordan and Gilbert)
漢字・由来
漢字 毛虫鰍、毛虫杜父魚
由来・語源 細い棘があるから。もしくは毛虫のように醜いから。命名者は田中茂穂。
地方名・市場名
北海道室蘭市、岩手県久慈市、山形県酒田市、福島県相馬市他ではオコゼ。この魚の背鰭に刺されると長い間じくじくと痛みがあるためだという。/原釜での聞取
宮城県石巻市でボッケ。
山形県酒田市酒田漁港でイクジ、オコゼ。(山形県漁業協同組合)
山形県鶴岡市由良漁港でシゲエム。
福島県相馬市原釜漁港でサッタロウ。
福島県いわき市久ノ浜でヤマノカミ(山の神)。
トウベツカジカ、ナベコワシ、カワムキカジカ、エビスウオ。(『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社))
別名、トウベツカジカ。古い図鑑などにはトウベツカジカという。これは北海道上磯郡当別村(現北斗市)の沖合でたくさんとれたため。/『図説有用魚類千種 正続』、『北の魚歳時記』。
皮を剥いてみそ汁にするのでカワムキカジカ(皮剥鰍)という。/『図説有用魚類千種 正続』
他にはエビスウオ、オバケ、カジカ、グズ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深16〜540m。
北海道全域、青森県〜対馬東部の日本海沿岸、青森県〜千葉県銚子の太平洋沿岸、、希に相模湾。オホーツク海、オリュトルスキー岬以南のベーリング海、千島列島、アラスカ湾コディアック島、間宮海峡〜ピーター大帝湾、朝鮮半島全域。

生態

産卵期は晩秋から冬。メバル属のように交尾するが卵は海中に放出される。浅場で定住性のゴカイ類の群体や岩の割れ目などに産卵。
卵は大きく、産卵数は1万から2万粒。
注意◆福島県相馬市原釜で「おこぜ」と呼ぶのは背ビレの細く鋭い棘に刺されるとジクジク痛むせいだ。

基本情報

関東では入荷はあるものの、スーパーなどではいっこうに見かけない。
料理店などで扱われるもの。

水産基本情報

市場での評価 東北の太平洋岸からの入荷が多い。野締め、活け締め、活魚で入荷してくる。値段は安く、活魚でもあまり高くない。
漁法 刺し網、底引き網、釣り
主な産地 福島県、宮城県、岩手県から北海道など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は秋から冬
醜い皮を剥くと、きれいな白身であるが繊維質ではなく、熱を通すとほろほろと崩れてしまう。
生で旨みを感じるものではなく、汁ものに向いている。
肝、胃袋、卵巣の味がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(三平汁、みそ汁)、煮つけ(アクアパッツァ、まーす煮。煮つけ)、生食(刺身、肝あえ)、肝炒り、唐揚げ
みそ汁 肝が非常に重要、皮を向き、肝や胃袋、卵巣があれば入れて水から煮てみそを溶き入れるだけ。滋味豊かな味。豆腐やゴボウなどを入れてもいい。
刺身 できれば活魚を使いたい。個体によっては青みがかるものがあるなどいろいろ問題はあるが、ほとんどクセのない白身で、肝などを生かして刺身にしたい。
唐揚げ 二度揚げすると小骨なども気にならず食べることができる。美味。

しょうゆ漬け 秋には子持ちが入荷してくる。これを湯で洗い、卵膜を取り去り、水洗いを繰り返してしょうゆに漬け込む。好みでみりんなどを加えてもいい。
ケムシカジカのカジカ汁
鰍三平。北海道では「トウベツカジカ」で三平汁に盛んに使われる。
ケムシカジカのアクアパッツァアクアパッツァ
ケムシカジカの肝和え肝和え
肝入りの酢みそで身を和えた、肝和え。
ケムシカジカの肝入り肝炒り
肝とみそと身を炒った、肝炒り。
ケムシカジカの唐揚げ唐揚げ

好んで食べる地域・名物料理

東北太平洋岸から北海道。

加工品・名産品

かじかのいずし 高橋笑美子 北海道石狩市厚田。切り身としょうが、ニンジンなどを糀で漬け込んだもの。田中茂穂が「最も優れた調理法はカジカ鮨と称するもの」とある。現在の飯ずしのようなもののようだ。

釣り情報

東北、北海道では根魚釣りの対象魚。胴付き仕掛けのイカエサなどで釣れる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ