クロムツ

クロムツの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
ムツよりも大きくなり、60センチ前後になる。全体が黒紫色。目が大きく背鰭は2個。やや側扁し、体高はムツと比べると高い。

クロムツの形態写真

ムツよりも大きくなり、60センチ前後になる。全体が黒紫色。目が大きく背鰭は2個。やや側扁し、体高はムツと比べると高い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ムツ科ムツ属
外国名
Japanese bluefish, Bigeye
学名
Scombrops gilberti (Jordan and Snyder, 1901)
漢字・由来
漢字 黒鯥
由来・語源 長い間ムツは1種類であると思われていた。これが2種類に分類されるようになり、その黒い方であるという意味合い。
ムツは、脂っこいことを「むつっこい」、「むつこい」、「むっちり」などというに由来。脂ののっている魚の意味。
地方名・市場名
ムツと同じ
ロクノウオ/江戸時代、仙台伊達藩主は代々陸奥守であったため、「むつ」と呼ぶことをはばかって「ロクノウオ」といった。「ろく」は「六」であり「むつ」を表す。
オンシラズ/子供は浅い場所に、親は深い場所に、ともに暮らさないので「オンシラズ」。
他には、オキムツ、カツチャムツ、カナムツ、カラス、クジラトウシ、クロマツ、ツノクチ、ムツゴロウ、ムツメ、メダカ、メバリ、モツ、ロク。

概要 ▽

生息域

海水魚。房総半島東岸、相模湾、伊豆大島、伊豆大島南東岸。
水深200メートル〜500メートル。

生態

基本情報

近縁種のムツと見分けるのが非常に難しく。利用法や取り扱われ方など基本的にはムツに同じ。
深海魚で、たくさんとれる魚ではない。今でも「昔は安かった」という仲卸も多く、古くは煮つけなどになる総菜魚であったことがわかる。
今はムツとともに高級魚であるが、クロムツの方がより高価で超高級魚である。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。小型のものはまったく見られず、大型魚ばかり入荷してくる。市場ではムツとクロムツは明瞭に区別される。ともに高級魚だが、クロムツの方が高い。超高級魚。
漁法 延縄
主な産地 東京都、静岡県ほか

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

黒光りしているもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は秋から冬
鱗は軟らかく大きく取りやすい。皮は厚みがあって強い。
血合いが赤く、透明感のある白身だが、脂が身に混在するので白濁しやすい。熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮る(煮つけ、芝煮)、汁(鍋、潮汁、みそ汁)、焼く(塩焼き、幽庵焼き、西京漬け)、生食(刺身)、蒸す(酒蒸し)、ソテー
クロムツの煮つけ煮つけ 2000年よりも前はクロムツは煮つけ用の魚として有名だった。実際に煮て甘味があり実に美味しい。
クロムツのちり鍋 身からもあらからも実にいいだしが出る。その上、煮た身が甘く美味しいので鍋ものなのに最適。みそ仕立て、塩味にしてもいい。
クロムツの幽庵焼き(祐庵焼き)幽庵焼き(祐庵焼き) みそ漬けや単に塩焼きにしても美味しい。焼いても硬く締まらず、適度に繊維質なので口の中で適度にほぐれて甘い。
クロムツの蒸しもの蒸す 脂がのっていながら、味が上品。しかも上質の白身なので蒸しても味わい深い。いいだしが出るので一緒に蒸し上げた野菜なども美味しく食べられる。
クロムツの刺身刺身 身はほんのりと赤みがかり血合いが強い。脂が身に混在して実に美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

水深200〜300メートルを胴つき仕掛けか天秤しかけ、餌はイカの短冊でねらう。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ