キホウボウ

キホウボウの生物写真

体長17センチ前後になる。吻の前の突起は左右に開いている。全体を硬い刺々しい鱗で覆われている。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目キホウボウ科キホウボウ属
外国名
Armored searobin
学名
Peristedion orientale Temminck and Schlegel, 1844
漢字・由来
漢字 黄魴鮄
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。色合いと「方形」の頭部がホウボウに似ているからだろう。
地方名・市場名
キホオボオとも。
オニギス、オニゴンゼ、キシミ、クギヌキ、ツノカナガシラ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深110〜500メートル。
新潟県糸魚川沖〜富山湾・島根県浜田の日本海、青森県鮫・福島県いわき〜九州南岸の太平洋沿岸。東シナ海大陸棚縁辺〜斜面、朝鮮半島南岸、中国東シナ海沿岸、台湾。

生態

基本情報

静岡県沼津では底曳き網などに混ざる雑魚として扱われている。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ