キハッソク

キハッソクの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科キハッソク族キハッソク属
外国名
Barred soapfish
学名
Diploprion bifasciatum Cuvier
漢字・由来
漢字 木八束
由来・語源 木を八束使って煮ても食べられないほどまずい魚の意味。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本からインド洋、西太平洋域。

生態

基本情報

西日本などで非常に希にとれる魚。食用にするなどの情報は調べているところ。
キハッソクは「木八束」と書く。これは木を8束使うほどに炊いてもまずくて食べられない魚という意味合い。「猫またぎ」と同様。ただし、これは色合いから来るもので、実際に食べるとうまい。

水産基本情報

珍しい魚、流通することはまずない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

■ 「木八束」はうまいのか? これはかねがね知りたかったこと。それで怖々食べてみたらあにはからんやうまいではないか。ハタ科の魚ならではのしっかりした身質。そして旨味もある。刺身、塩焼きなどいろいろ使える。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

刺身/焼き物他

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

愛媛県愛南町深浦であがったもの。同町の中田親さんから


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ