カワヨシノボリ

カワヨシノボリの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
6cm前後になる。岡山県高梁川6cm前後になる。高知県四万十川支流5cm前後になる。徳島県勝浦郡勝浦町勝浦川

カワヨシノボリの形態写真

6cm前後になる。岡山県高梁川

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ヨシノボリ属
外国名
River lizard goby
学名
Rhinogobius flumineus (Mizuno, 1960)
漢字・由来
漢字 川葦登
由来・語源 「葦登(ヨシノボリ)」は長野県での呼び名。吸盤があるので葦にも登のだろう、という意味合いか? その海にくだらないで一生を河川で暮らすため。
地方名・市場名
ウロリ/滋賀県琵琶湖周辺で稚魚のことを。
ウリンコ/福岡県久留米市田主丸
ウルリ/岐阜県岐阜市、関市
ウルル/岐阜県岐阜市、関市
ウロリ/岐阜県岐阜市、関市
ゴリ/滋賀県琵琶湖周辺で稚魚のことを。高知県では成魚。
ジンゾク/徳島県貞光町(現つるぎ町)では本種などヨシノボリの仲間をジンゾク、小型のものをジンペイと呼ぶ。子供が物心つき初めての川遊びで初めて捕まえる、そんな雑魚のひとつである。和漢三才図会に「かなびしゃ」と並んで「じんぞく」がある。「四国の人は『志牟曾久(じんぞく)』という」とある。
ジンペイ/徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)
チチコ/岐阜県岐阜市、郡上市白鳥
他には、カジカ、グズ、チゴリ、チョロケン、ドンコ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。河川の中流域〜渓流域。
静岡県富士川・富山県神通川よりも西の本州、四国、九州北部、壱岐、福江島。

生態

ヨシノボリ属でも陸封型。
川の流れのゆるやかな、浅い場所に多い。
5月から8月に石の裏側、天井に卵を産みつけ、雄が守る。

基本情報

加工原料であり、一般にはまったく知られていない。

水産基本情報

市場での評価 流通の場にはほとんど来ない。
漁法
主な産地 岐阜県、滋賀県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

鮮魚としての流通は未だ見ていない。

味わい

旬は春から夏。
小魚なので丸ごと食べる。
白身で皮に独特の風味旨味を感じる。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 揚げる(天ぷら、唐揚げ)、煮つる(佃煮)、汁
揚げる◆琵琶湖周辺では稚魚をかき揚げにして食べる。また大きくなったものは唐揚げにも。
煮る◆甘辛い味で当座もつように煮上げることが多い。軟らかくほろほろとして美味。
汁◆水から煮出すといい出しが出る。

好んで食べる地域・名物料理

日本各地で少ないながら唐揚げ、佃煮などになっている。
たらいうどんたらいうどん 江戸時代末期に土成町(現阿波市)宮川内谷の木こり(このあたりは土成町でも山間部で香川県との県境になる)が川原にかまどを作り、手打ちうどんをゆでて、食べたことに始まる。これをゆで汁ごと「はんぼう(たらい)」に移して供するようになった。このつけ汁のだしに使われていたのが「じんぞく(カワヨシノボリ)」だ。宮川で押した(取ること)「じんぞく」はバケツなどのなかで塩もみし、ぬるを取り、沸騰した湯に入れてだし汁を取る。「たらいうどん」の名称は昭和6(1931)年より。現在「じんぞく」は使われていないに等しいが、少ないながらだしに加えている店があるようである。[樽平 徳島県阿波市宮河内]『聞き書 徳島の食事』などより

加工品・名産品

ごり佃煮●滋賀県では稚魚を佃煮にする。なかなか高級品である。[魚友商店 滋賀県高島市今津]
カワヨシノボリの煮つけうるり煮つけ 「ウルリ(カワヨシノボリ)」の味をそこなわず、あっさりとしょうが風味で煮上げたもので、上品でとてもおいしい。名品だと思う。岐阜県関市には「うるり煮つけ」を売る店が何店舗かある。[山憲商店 岐阜県関市]
ごり佃煮 滋賀県ではまだ底にいないで浮遊している稚魚を佃煮にする。なかなか高級品である。滋賀県安土では「うろり」と名称が変わるがやはり非常に高価だ。[マルマン 滋賀県長浜市、魚善 滋賀県蒲生郡安土町]

釣り情報

歴史・ことわざなど

鮴押し(ごりおし)/「ごり」がカジカなのか、ヨシノボリなのかは不明だが、ヨシノボリが群れをなして川を上るとき押し合いへし合いすることから来た言葉。先を争い上ることから強引にものごとを行うことにつながった。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ