カワビシャ

カワビシャの生物写真

体長40センチ前後になる。横から見ると正三角形に近く、吻(口と顎)が突出している。背鰭第3、第4棘は長い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カワビシャ科カワビシャ属
外国名
Boarfish
学名
Histiopterus typus Temminck and Schlegel,1844
漢字・由来
漢字 皮比車、皮拉
由来・語源 「皮の堅い扁平な魚」すなわち「カワ」は「皮」「ビシャ」は菱形、扁平なという意味合いがあるとある。この「皮」は「側」であるかもしれず、また「ビシャ」は「ひしゃげる(拉げる)」の意味あいがあるとも思える。このカワビシャの呼び名も集めている。情報を求む。
地方名・市場名
インヒシャ、テングダイ、トモモリ。

概要 ▽

生息域

水深40〜400メートル、沖合の粗い砂地、岩礁域。
海水魚。銚子以南。中国沿岸、フィリピン、紅海、オマーン、南アフリカ。

生態

基本情報

底曳き網でも定置網でもなぜか1匹だけとか、多くても2匹くらいしか水揚げされない。
しかも非常に歩留まりが悪いので、おいしい魚であるにも関わらず安い。
静岡県沼津市などでは明らかに雑魚である。

水産基本情報

市場での評価 入荷は非常に希。あまり高くない。
漁法 底曳き網、定置網
産地 目立った産地はない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

体色の濃いもの。古いのは色あせて白っぽくなる。鮮度は長持ちする。

味わい

旬は秋から春だと思う。
鱗は硬く細かい。皮は厚みがあってしっかりしている。
透明感のある白身で、保ちがいい。背鰭下に鰭を動かすための大きな筋肉がある。
骨などからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理方/刺身、塩焼き、汁(みそ汁、潮汁)
刺身◆絶品である。クセのない白身で脂の甘さが感じられ食感がいい。
塩焼き◆なんといっても皮がうまい。皮下に脂、身の中にも脂が閉じ込められていて、芳醇な味わいになる。
汁◆潮汁、みそ汁などいいだしが出て美味。
カワビシャの刺身クセがなく食感があり、脂の甘みが感じられる刺身。
皮に風味あり、身に脂がある。「つぼだい(クサカリツボダイ)」に共通するうまさ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『新釈魚名考』(栄川省造 青銅企画出版)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ