カガミダイ

カガミダイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長50cm前後になる。側面から見ると円形に近く頭部は湾入する。頭部は湾入する。

カガミダイの形態写真

体長50cm前後になる。側面から見ると円形に近く頭部は湾入する。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区棘鰭上目マトウダイ系マトウダイ目マトウダイ亜目マトウダイ科カガミダイ属
外国名
英名/John Dorey, Mirror dory
学名
Zenopsis nebulosa (Temminck and Schlegel)
漢字・由来
漢字 鏡鯛
由来・語源 「東京ではマトウダイと一緒にカガミと云う」。古い金属で作った鑑(かがみ)に形と色合いが似ているため。
地方名・市場名
ギンダイ/富山県氷見市藪田浦漁業協同組合
ギンバトウ/山口県下関市。
ギンマツ/新潟県糸魚川市浦本
ギンマツガレイ(ギンマツカレイ)/新潟県上越市直江津
カガミ、カガミウオ、ギン、ギンカガミ、ギンマテ、ギンマト、ギンマトー、ギンマトウ、ギンマトオ、ワシダイ、ワニウオ

概要 ▽

生息域

海水魚。水深40〜800メートル。
北海道〜九州の太平洋・日本海・東シナ海、瀬戸内海西部、九州〜パラオ海嶺。朝鮮半島、済州島、台湾、南シナ海北部、マウイ島、オーストラリア南東岸・南岸・北西岸、ニューカレドニア、ニュージーランド。

生態

基本情報

マトウダイがデコッパチなのに比べておでこがくぼんでいるのが見分けるコツ。
生きているときは眩しいほどの銀色をしている。この銀色の皮はサビキ(疑似餌)の材料にされる。

水産基本情報

市場には、ときどき入荷する。マトウダイと比べて安いが、大きさが同じくらいだと味はそれほど変わらない。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。銀色の輝きの強いもの。

味わい

旬は秋から春
鱗はない。皮は薄く弱い。骨は柔らかい。
微かに赤みを帯びた白身。熱を通しても硬くならない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身、焼き切り)、汁(鍋、みそ汁)、焼く(みりん干し、粕漬け、塩焼き)、揚げる(唐揚げ)

刺身 少し赤みを帯びた白身で軟らかく、甘味がある。まったくクセがなく万人向き。日本海側で好んで刺身にするのがわかるきがする。
焼き切り(たたき) 三枚に下ろして血合い骨、腹骨を取り、あぶって切ったもの。皮目に独特の風味があってとてもいい味だ。おいしい肝を添えるとなおよしだ。
みそ汁 あらを湯引きして血液や汚れなどを落とし、よく水分を取る。これを昆布だしで煮だしてみそを溶き入れたもの。実にうま味豊かなみそ汁になる。
塩焼き 三枚に下ろして振り塩をして半日ほど寝かせて焼き上げたもの。脂があるためかしっとりとして、ほんのり身に甘みがありおいしい。

好んで食べる地域・名物料理


刺身 上越市、糸魚川市、新潟市などではスーパーに刺身が並ぶ。マトウダイともども非常に好まれているようだ。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/青木清隆さん(新潟県糸魚川市)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ