オオスダレガイ

オオスダレガイの生物写真

殻長10センチを超える。成長脈はスダレガイのなかでは弱くふくらみが強い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超マルスダレガイ科リュウキュウアサリ亜科スダレガイ属
外国名
学名
Paphia schnelliana (Dunker,1866)
漢字・由来
漢字 大簾貝
由来・語源 平瀬與一郎の命名。スダレガイ属で大型になるため。模式標本/長崎
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。能登半島・房総半島以南九州。東シナ海。
水深10〜100メートルの砂泥地。

生態

基本情報

房総半島、能登半島以南の10~100メートルに棲息。
同属のスダレガイよりも深い砂地に棲息している

水産基本情報

市場での評価 食用として出回ることはない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
みそ汁等汁物、湯引き

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ