オオクチイシナギ

代表的な呼び名イシナギ

オオクチイシナギの生物写真

体長2m前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イシナギ科イシナギ属
外国名
Seabass
学名
Stereolepis doederleini Lindberg and Krasyukova, 1969
漢字・由来
漢字 大口石投
由来・語源 古くは単にイシナギ。イシナギに2種あり、口の大きい方という意味。
イシナギは東京での呼び名。「いし」は「ひさ」の変化で「斑文」もしくは磯の意味。斑文のある魚、もしくは岩礁域(磯)に多い魚の意。
地方名・市場名
オオヨ/青森県青森市
オヨ/青森県青森市
オオナ/山形県酒田市酒田漁港(山形県漁業協同組合)
オオイオ/山形県酒田市酒田漁港
カラス/山口県下関市
ダイシウオ/和歌山県
和歌山県でイシナギ、同和深でオホナ、ダイシウオ。『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
オウヨ、オオイオ、オホイオ、オオイヨ、オオナ、オキアマギ、オヨ、クエ、シマダイ、スギ、スネアイ、スネヤ、スミ、スミヤキ、スミヤキダイ、タイショウアジ、マイマイ、メダイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深400-600m。産卵期は30-200m。
北海道全沿岸〜屋久島の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、男女群島、九州〜パラオ海嶺。
朝鮮半島南岸・東岸、ピーター大帝湾。

生態

基本情報

希に切り身などで売られている。丸のまま見る機会はほとんどなく、一般の認知度は皆無に思える。
イシナギには「オオクチ(大口)」と「コクチ(小口)」の2種があるが外見の違いはほぼなく、口の大きさが違っているのみ。

水産基本情報

市場での評価 入荷は希。あまり高価ではない。
漁法 延縄、底曳き網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

あまり大きすぎない10キロ以下がいい。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。あまり大きすぎない2キロ〜5キロ前後までのものを選ぶ。

味わい

旬は秋から春
鮮度が落ちるのが早い。
鱗は取りやすく、皮はしっかりしている。骨はやや硬い。
透明感のある白身で時間が経つと白濁する。
注意 大型は筋肉、皮などに油分が多く、肝臓にはビタミンAが多量に含まれている。食べ過ぎると頭痛、疲労感や吐き気、睡眠障害、食欲不振、膚荒れなどを引き起こす。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(煮つけ)、生食(刺身)、汁(みそ汁)、揚げる(フライ、唐揚げ)、焼く(塩焼き、みそ漬け)
オオクチイシナギの煮つけオオクチイシナギの煮つけ 白身ではあるが水分が多く、繊維質に欠けるのが欠点だが、煮ると適度にしまる。水洗いして適宜に切り、湯通しして冷水に落として残った鱗、ぬめりを取る。水分をよく切り、酒、砂糖、しょうゆ味で煮る。酒・塩のみ、酒・みりん・しょうゆ味で煮てもいい。
オオクチイシナギの刺身オオクチイシナギの刺身 鮮度落ちが早いのが難点だが、血合いが美しく、イヤミのない味。三枚に下ろして皮はやや硬いので引く。鮮度がよければ血合いが赤くて見た目にも美しい。水分が多いがイヤミのない味だ。
オオクチイシナギのみそ汁オオクチイシナギのみそ汁 あらなどから実に味わい深いだしが出る。あらを集めて湯通しして、冷水に落とし鱗やぬめりを取る。これを水(昆布だし)から煮てみそを溶く。うま味豊かなみそ汁になる。具はお好みで。
オオクチイシナギのフライオオクチイシナギのフライ やや水分の多い身質なので揚げ物にはもってこいだ。揚げると中が豊潤でイヤミのない白身なので食べやすい。またタラ類のフライよりも魚らしい味わいがあって実においしい。
オオクチイシナギのみそ漬けオオクチイシナギのみそ漬け 水洗いして三枚に下ろし、薄めに切り(小振りのものはそのまま切ってもいい)みそに漬け込んで焼いたもの。今回はやや甘口の宮崎県の麦みそで作ってみた。みそ漬けにしても硬く締まりすぎずとても味がよかった。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

千葉県外房などでは活き餌(イカなど)を使った遊船があったと記憶する。専門にねらうものではないとは思うが幻の魚扱いを受けていた。

歴史・ことわざなど

大師魚(ダイシウオ、ダイシウヲ) 昔、和深(現和歌山県東牟婁郡串本町和深)に貧しいが心優しい漁師がいた。ある日、みすぼらしい巡礼僧が漁師に水一杯を所望した。漁師は生水は毒だと、湯を沸かし、茶をすすめた。家の前の石に腰を下ろして、沖を見ながら休み、茶を押し頂くように飲む。お茶のお礼にと、「ここから一、二里沖の海底に大きな底島がある。春、そこに釣り糸を落とすときっと大きな魚が釣れる」という。次の春は不漁続きで食べるものもない。それで彼の僧侶の教え通り釣り糸を落とすと大きな魚がとれ、急場をしのぐことが出来た。その話を聞いた村の人々は、深い海底のことまで知っているとは偉いお坊さんに違いなく、きっと弘法大師に違いない、とのことで以来、大師魚と呼ぶようになり、僧侶が腰を下ろしていた石もまつることにした。
サメをエサに釣る 山形県では磯などにいる小形のサメで釣るという。

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『紀州魚歳時記』(福井正二郎 ゆのき書房 1983)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ