エソダマシ

エソダマシの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長32cm前後(写真は鹿児島県産で体長32cm、重さ440g)、背鰭は14軟条、吻長が長い。体長32cm前後(写真は鹿児島県産で体長32cm、重さ440g)、背鰭は14軟条、吻長が長い。上から見るとむしろコチ科に近い。

エソダマシの形態写真

体長32cm前後(写真は鹿児島県産で体長32cm、重さ440g)、背鰭は14軟条、吻長が長い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目ヒメ目アオメエソ亜目ヒメ科ヒメ属
外国名
台湾/達氏姬魚
学名
Hime damasi (Tanaka, 1915)
漢字・由来
漢字/狗母魚欺
由来・語源/田中茂穂が1915年の『日本産魚類図説 一九巻』に相模湾で揚がった個体を掲載したもの。命名も田中茂穂。ヒメの仲間だが大きくてエソのようだからだろう。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深250〜508mの貝殻混じりの砂地、やや粗い海底。
神奈川県三崎、伊豆諸島、土佐湾、(鹿児島県)、沖縄舟状海盆。
オーストラリア北東岸。

生態

基本情報

珍魚といえそうな魚のひとつ。小骨が多いのであまり利用されていないものと思われる。
調理法によってはとても味のいい魚なのでとれたものは、食べるといいと思う。

水産基本情報

市場での評価/流通の場では見ていない。
漁法/定置網
産地/鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

色合いの赤いもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は不明。
鱗は大きくとりやすい。中骨はやや硬いが血合い骨、腹骨などは柔らかい。小骨が非常に多い。
透明感のある白身で皮目に甘味をともなう風味がある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)、生食(なめろう)
エソダマシの唐揚げエソダマシの唐揚げ 水洗いして皮目から包丁を入れて片栗粉をまぶしてじっくり揚げたもの。皮目に豊かな風味があり、甘味も感じられる。さくさくと香ばしくてとても味がいい。唐揚げとしては特上だ。
エソダマシの煮つけエソダマシの煮つけ 水洗いして体幹部は皮目から包丁を入れて骨切りする。これを湯通しして、氷水に落として鱗やぬめりを取る。酒、砂糖、水の地でじっくりと煮る。しょうがはせん切りにして一緒に煮てもいいし、仕上げに搾り汁を落としてもいい。
エソダマシのなめろうエソダマシのみそたたき(なめろう) 水洗いして三枚に下ろし、スプーンなどで身をかきだす。これをみそ、ねぎと一緒に細かくたたく。クセのない白身だが、甘味とうま味があって味噌とたたいても本来の味は残る。とても美味だ。
エソダマシのあら汁エソダマシのあら汁 なめろうや唐揚げなどを作って残ったあらを集めて、湯に通して冷水に落とす。これを昆布だし(水でも可)で煮だして塩、酒で味つけする。仕上げにしょうがの搾り汁を落としても、ゆずの皮を浮かべてもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ